龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史

著者 :
  • 水王舎
4.00
  • (5)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864700757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新撰組は尊皇攘夷組織だった!? 新撰組大量粛清は会津との共謀? 幕末を支配した英国情報網とは? 龍馬と近藤勇は同志だった!? 誰も知らない幕末の事実を明らかにする。

    「新撰組始末記」や「龍馬がゆく」の設定は作者の空想の産物…と言いながら、小説ではない本作も作者の想像に拠るところがけっこう多い。記録が無いのだから仕方がないのだけれど。「長州フグ侍」や「薩摩イモ侍」など、ユーモアのつもりで書いているのかもしれないが別に面白くなく、目障りなだけ。とはいえ、日本史に疎い私でも楽しめた。
    (Ⅽ)

全1件中 1 - 1件を表示

加治将一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
池井戸 潤
石原 慎太郎
百田尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする