伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かった僕がなぜ ハトホルの秘儀 in ギザの大ピラミッド

著者 :
  • ヒカルランド
4.78
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864711302

作品紹介・あらすじ

古代の叡知、UFO、宇宙人、宇宙連合に導かれながらエジプトへ。物理学者である著者が「ピラミッド次元転移」を成し遂げるまで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 保江邦夫さんの本はいろいろ読んでいるが、やっぱりすごすぎる。この本もトンデモ話満載なのだが、すべて事実なんだと思う。すごすぎる。この一言に尽きるな・・・

  • ひとに薦めたら、トンデモ本と思われること間違いなし!?

    ……なのに、いろんなことが腑に落ちた。

    驚きの余り叫び声をあげてしまったり(家で読んでいてよかった(^o^ゞ)、矢作直樹先生と著者が並んでいる写真を見た瞬間、とめどなく涙が流れてしまったり(理由はわからない……)。

    矢作先生、伯家神道、シリウス、UFO、アナスタシア、エジプト、ピラミッド、舞い踊り、ロシア、宇宙人、マリアさま、愛、イエスさま、マグダラのマリア……。

    読み終わり、未だ茫然の態。

    UFO目撃体験も、踊りでまわり中のひとを巻き込んだ体験も、こ〜ゆ〜ことに繋がっているのか??

    次の本に手が伸びている……!! 飢え乾いているかのように!!

  • 久しぶりに大ヒット。
    未来は選べる以来

    予定調和
    ピラミッド
    アシュター
    UFO

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

岡山県生まれ、1974年東北大学理学部天文学科を卒業後、京都大学大学院理学研究科博士課程前期課程を修了。名誉教授だった湯川秀樹が提唱していた「素領域理論」を題材として修士論文を提出し、当時日本唯一の理論物理専門の欧文学術雑誌『Progress of Theoreical Physics』に掲載された(Vol.57,pp.318-328 1977)。
1978年 名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程を修了。高林武彦教授に師事。その2年で8編の論文を欧米の数理物理学専門誌に発表。「量子摩擦を含む開放系の量子力学理論」の論文を提出し、理学博士号を取得。
1978年 スイス連邦共和国へ渡欧。ジュネーヴ大学理学部理論物理学科講師。
1982年 東芝総合研究所の研究員。
その後、岡山のノートルダム清心女子大学大学院に教授と経て、現在に至る
冠光寺眞法家元

保江邦夫の作品

ツイートする