歴史問題をぶった切る《最終解明版》 占領支配者が謀った《国魂(くにみたま)占領》の罠 (Knock‐the‐knowing)

  • ヒカルランド
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864712651

作品紹介・あらすじ

なぜ、歴史教科書に「強制連行」「従軍慰安婦」「南京大虐殺」が記されていたのか!?昭和20年8月15日は、日本では終戦記念日と勝手に名付けているが、実はその日から占領軍の総力戦が始まった。その三大武器が、憲法の押し付け、もうひとつが東京裁判、3つ目が教育で日本を永遠の敗戦国にするということである!その教育の中核を担ったのが歴史教科書の問題であった。最強の専門家3人がすべてを明白にする!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 改めて、日本の歴史教育のひどさがわかります。
    左の人たちの頭はどうなっているのでしょうか?
    信じられません。
    早く自虐史観から離れなければなりませんね。
    そのためには、歴史教育が大切です。
    それにしても、猿の惑星の映画に、こんな意味があったとは・・・。

全1件中 1 - 1件を表示

倉山満の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山口 敬之
百田尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印

歴史問題をぶった切る《最終解明版》 占領支配者が謀った《国魂(くにみたま)占領》の罠 (Knock‐the‐knowing)を本棚に登録しているひと

ツイートする