ハンターダーク (TO文庫)

著者 :
制作 : 田島昭宇 
  • ティー・オーエンタテインメント
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (495ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864721257

作品紹介・あらすじ

闇に閉ざされ、法も秩序も無い地下世界。鋼の身体を持つ機械人「ザ・ハンター」は失われた過去の記憶を求めて、終わりない旅を続ける。自分は何処から来て、何処へ向かうのか。そんな彼を含む五人組と、この世界を支配する謎の組織「結社K」との壮絶なる戦いが始まろうとしていた。「闇の五人が求めるは、掴めぬ夢か掴める夢か。此処が終わらぬ夜ならば、夢も果てなく続くだけ…」SFニンジャアクションが炸裂する超大作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文庫化記念に再読。やーいやーすべてが好きだ。すごくまとまった心地よいエンタメでむちゃくちゃ格好いい。「失われた過去を求めて闇をさまようザ・ハンターと五人組」「謎の組織『結社K』との壮絶なる戦い」「SFニンジャアクション」というチープにすら響くキーワードを、そのオモチャのような魅力を最大限に生かしちりばめたド本気の小説。惚れるしかない。いいこと言ってるんだようもう!

  •  びゅ、ビューティー・グレイスぅううう!!
     そ、そんな……すげー好みだったのに。非戦闘員だけど気丈でサポート頼まれたら見事にこなす遅れてやってきたヒロインって、すげー好みだったのに。よ、容赦ねえ。マジで容赦ねえ。
     一行だとハンナが一番好みで、次がミュンヒハウゼン。今までの秋田作品で一番その後が心配になる作品だったけど、大丈夫かなあ。ハンナはいつでもリモートされちゃうし、ハンターたちを超える最新型が続々投入されるだろうし。味方が増える可能性もあるのと、上も一枚板じゃないのが希望だろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。「魔術士オーフェン」シリーズが累計1000万部を超える大ヒットとなり、ライトノベル作家として活躍を続ける。一方、一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書に『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』「巡ル結魂者」シリーズなどがある。

「2017年 『攻殻機動隊小説アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハンターダーク (TO文庫)のその他の作品

ハンターダーク 単行本 ハンターダーク 秋田禎信
ハンターダーク (TO文庫) Kindle版 ハンターダーク (TO文庫) 秋田禎信

秋田禎信の作品

ツイートする