本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第二部「神殿の巫女見習いIV」

著者 :
制作 : 椎名優 
  • TOブックス
4.53
  • (25)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864724920

作品紹介・あらすじ

長い冬を終え、瑞々しい春が到来したエーレンフェスト。神殿内では、巫女見習い・マインの今後について様々な動きが加速していた。彼女を嫌う神殿長の画策もあり、街は不穏な空気に包まれていく。それでも、マインの毎日は何も変わらないはずだった。弟の誕生、インク開発による新しい本作り等、これからもずっと家族や仲間との愛おしい時間を過ごすはずだった。だが、世界は彼女に残酷な決断を迫る-。マインは今、大切な人々を守るため、家族への愛を胸に新たな道を歩き始める!ビブリア・ファンタジー第二部、感動の完結編!衝撃の結末後の人々を描く書き下ろし短編集+番外編2本、さらには椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マインの弟が生まれた。カミルという名前の男の子だ。マインはへにゃーとして可愛くて仕方ない。そんなマイン達の人生が変わる出来事が起こる。貴族たちからマインの魔力の量を狙われ、神官長の庇護や騎士のお守りでも危険が迫る。マインの人生が変わる第二部第四巻だ。

  • ディルクを拾ってから、2部ラストまで。

    web版の第154話〜第172話の範囲。

    書き下ろしが、4つ。
    ・プロローグ
    ベーゼヴァンス視点で、悪巧みの相談シーン
    ・カミルのお世話
    マイン視点でのカミルとの関わり
    ・ベルーフの資格
    ヨゼフ視点。色インク作成中の話し
    ・エーファ 前を向いて
    エーファ視点
    ・神殿長の側仕えになるために

  • あの展開、サイコーにしびれた。
    間違いなく☆5つ。

  • Kindle Unlimitedでシリーズを追っていたが、8月下旬時点で読み放題に含まれなかった最新刊を紙で購入。

    神殿長絡みの事件に巻き込まれ、ついにマインは貴族の娘になることに。下町の兵士の娘として生まれ、本を作ることに全力を注ぎ込み、身食いという病があるため貴族と繋がりを持つことを余儀なくされる。

    このシリーズの面白いところは、身分の違いを前提とした社会を描いており、それに批判的でないこと。どうしても現代日本で生活している我々には身分差など理不尽なものに思えるが、マインの生きる世界ではそれが当たり前にあり、それを悪として描いていない。ルッツを見ていると、親と異なる職業に着く利点が見えてくるし、それが全体の理にかなっている。

    マインは貴族社会に巻き込まれ、ここからは元の女子大生の知識経験だけではなかなか生きていけない世界だろう。それだけに今後が楽しみである。

  • グーテンベルク仲間は増えていく。しかしちょっぴり悲しい展開に…
    ベンノさんには頑張ってほしい…大変だけど…

  • 非常に面白くて、既刊をほぼ一気に読みました。マインが、知識はあれど、脆弱なところや、異世界の常識がわからなかったり、魔力に振り回されるところなど、なんとなく、十二国記を連想しました。
    マインの本への情熱も微笑ましいし、楽しく読めました。続きが楽しみです。
    元がweb小説だからか、若干、校正が甘いのでは、と思われるところがあり、そこはちょっと残念。

  • 第二部か完結。神殿の巫女見習として生活しながら印刷に向けて邁進するマインだが、他領の貴族と神殿長の陰謀の手が迫り…。
    ネットで飽きるほど読み返してますが、紙媒体で纏めて読むのも毎回楽しいです。巻末漫画も良かったし。
    完全書き下ろし部分は神殿長視点のプロローグとエーファ 前を向いて、『ベルーフの資格』インク工房ハイディの夫視点、『領主のお忍び』領主視点で森へ孤児達と狩りに行った時の話。
    今回は5月に密林で予約してましたが5月14日予定日が当日いきなり24日に!人気なのは嬉しいですが、もっとたくさん印刷を(^人^)

全8件中 1 - 8件を表示

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第二部「神殿の巫女見習いIV」のその他の作品

香月美夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第二部「神殿の巫女見習いIV」を本棚に登録しているひと

ツイートする