最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)

著者 :
制作 : syo5 
  • TOブックス
3.98
  • (83)
  • (108)
  • (71)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 896
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864725378

作品紹介・あらすじ

あなたの余命は半年です-ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副医院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★4.5

    あなたの余命は半年です――。
    究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか…?
    それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。
    息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ!

    地域基幹病院・武蔵野七十字病院。
    死期を迎える患者に対して、無理な延命治療よりも「死」を受け入れ、
    残りの日々を大切に生きる道もあると説く。死神と呼ばれる桐子。
    患者の意向を曲げてでも情熱を傾けて治療に全力を尽くし、奇跡を信じ、
    奇跡を起こそうと諦めない副院長の福原。
    患者と共に悩み迷い葛藤し、答えが出せなくてもその苦しさを分かち合う音山。
    大学時代、友人同士だった3人の医師たちの「生」について「死」についての物語。
    患者が残された時間をいかに使うかを共に考える患者と医師たちの生きる物語。

    両極端な医師が敵対するシーンが多くあり、ここまで極端な医師はいないだろうって
    思いましたが、誰も間違っていないし、誰も正解でもない。
    もしかして、一人の医師の心の中に3人がいるのかもしれないなぁって感じた。
    命と向き合うお仕事、本当に大変です。彼らは本当に凄いです!

    何度も何度も病や死について考えさせられました。
    頭ではわかってる。いつどのように病がやってきて日常の歯車から外され、
    病院という大きな中でベルトコンベヤーに乗せられるかもしれない…。
    人は必ずいつか死が訪れる…。
    でもそれは、普段意識してなくって、どこか他人事。
    自分自身は漠然と延命治療したくないなぁって思っていましたが、
    福原の様な医師に熱く説かれると嬉しいだろうし、揺れてしまうんじゃないかな。
    また桐子の様な医師に説かれると、やっぱりそうだなぁって思いそう。
    自分自身の死生観。大切な人の生命に関する決断をする時…。
    しっかりと話し合い考えなくてはいけない。
    でも、いざその時…やっばり揺れるんだろうなぁ(*T^T)

    読みながら、何度も何度も泣けました。
    そして、健康に過ごせている事の有難さも感じました。
    一日一日大切に生きようと思った。

  • あなたの余命は半年です…ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。だが、副医院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?それぞれの生き様を通して描かれる、眩いほどの人生の光。息を呑む衝撃と感動の医療ドラマ誕生!

  • 奇跡を信じ、最後まで諦めずいろんな治療をしてでも患者の命を助けようとつとめる医師がいる。
    相反して、余命が短いのであれば患者に「死」を受け入れてもらい、残りの日々を大切に生きていくという道を説く医師がいる。

    どちらがいいのか。自分だったら、苦しい治療をするより自分らしく最後を全うしたいかな。
    でもこれが自分の子供だったらと考えると、どうやってでも生きていて欲しいと願うだろう。

    なかなか考えさせられる、いいお話だったと思います。

  • 奇跡が起こる可能性を信じ、最後まで最善を尽くす医師の福原。
    病気の進行度、治癒の可能性、どう生きて死ぬのが患者の為なのかを考える医師の桐子。
    その同期の医師2人の仲裁役で、どうする事が患者にとって最善なのかを模索する医師の音山。
    この3人を中心に物語は進む。

    3人の患者を通して、「生きるとは何か?」という命題にぶち当たる。
    愛する人が重度の病に冒された時、どんな状態であれ生きていて欲しいと願ってしまうかもしれない。
    でも、その患者にとっての「生きる」ということは、他人が願う形とは異なるかもしれない。
    「どう生きるか?」=「どういう最期を迎えたいか?」ということかもしれない。

    福原医師と桐子医師の、
    患者の生きる長さや生きる価値という考え方は真逆だ。
    でも、親友の死に直面した時に、
    今まで医師として客観的に捉えていた「死」がぐっと身近な物になった。

    対極ながらも誰しの心にも内在する、「どう生きるか」という命題への葛藤を、
    福原と桐子が代弁しているようだった。

  • 文庫書き下ろし

     日本では、一日でも延命するのが正しい医療だとされる。
     医学部の同期生で同じ病院に勤めた3人の医師がそれに対して三様の考え方をする。

     若くして副院長になった福原は、患者の意向を曲げてでも情熱を傾けて治療に全力を尽くす。第1章の白血病になった会社員は、これから生まれてくる子供のために生きようとしてわずかな望みにかけて、病と闘い壮絶な死を迎える。

     「死神」と陰口をきかれる桐子は、死期を迎える患者に対して、無理な延命治療より死を受け入れて、最後を自分らしく生きるよう勧める。

     迷う音山は、第2章で医学に入ったばかりでALSを発症した女子学生を担当し、時間を割いて在宅診療を続け、迷っていることを率直に告げるが、女子学生はかえって延命を望まず「医者になれなかった自分が死んでいくことをみんながつらく感じて、ALSを克服する治療を進めて欲しい」と思う。

     第3章は、音山にステージ3の喉頭癌が見つかり遠隔転移も認められて、手術による全摘手術ができなくなる。音山は育ててくれた余命わずかな祖母と電話し続けるために声を失う延命治療を拒み、声を出すための手術を福原と桐子に頼む。

     重い問題提起だった。自分ならQOLを大切にして延命血用はしたくないが、自分の子供だったら生き延びられる可能性を求めるだろう。桐子が音山の死を前に悩んだように。

  • 桜の桃色が美しい表紙と背表紙のあらすじに惹かれて購入を決意。
    「白い巨塔」好きなので、
    医療現場という極限の舞台で繰り広げられる医師同士の対立が見物で読み始めたんですが…
    予想以上に良かった。
    あらすじでは正反対の志を抱き対立する二人の医者ばかりが強調されていますが、
    そんな二人の狭間で揺れ動く、同僚兼友人のバランサー・音山医師にこそ、
    普通の読者は一番感情移入できるのかもしれません。

    3人がそれぞれの長所を活かし、時に短所を補い合いながら、共に患者を救う。
    作中、音山が描き続けたその理想を、
    一番初めに示したのが実は福原だったのが分かった瞬間、
    それまで涙で湿りがちだった胸がこれ以上ないぐらい熱く燃えました。
    「二人とも、うちに来いよ。俺一人じゃ、正直きつい。お前らみたいなやつと一緒に、やってみたいんだ」
    医大生時代の3人での青臭いエピソード、もっと読みたかったなぁ。

    死と向き合う患者の苦悩に涙が止まらず、医師たちの葛藤に胸打たれ、
    でも最後には希望の光が胸に差し込む。
    たくさんの感情を呼び起こしてくれる、素敵な物語でした。

  • 生きるとはどういうことなのかを考えさせられた。その人にとっての生のあり方が治療方針を決定するのであり、延命処置を行わないことは必ずしも敗北ではない。医者は一つの固定観念に縛られるのではなく、柔軟性を持つことが大事なのだと思った。
    生と死に関して相反する考えを持つ医者と自分の考えを持てず悩む医者、彼らの考え方が患者や友の病気を通して変わっていく。とても感動した。涙なしには読めない。医師という立場で読んだら何を思うのだろうか。再読したい本。

  • 「死」を受け入れQOLを重視する余り、死神と呼ばれる医師、桐子。奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない医師、福原。そして二人を眩しく思いながら、患者と共に迷い、悩み、苦しさを分かち合うことが自分の道だと患者に教えられた医師、音山。
    1~3章で描かれる3つの死から、「生きるとは」、「死ぬこととは」をしみじみと考えさせられる作品。

    表紙を見ただけでは決して手に取らなかっただろうラノベのような作品だけど、小難しくQOLについて説いていない分、かえってすんなりと心に入ってきた。

    「後で死ぬ人は、みんなの死を見届けるのが仕事。先に死ぬ人は、みんなに死を見せつけるのが仕事。」という、無念の死を目前にした女子大生の言葉。死に様を残った者に見てもらう。そういう発想は新鮮だった。
    どう生きるかは、どう死ぬかに集約される。
    奇跡を求めて、最期まであがくもよし、辛い治療をやめて結果、命を縮めることになるもよし。
    自分で決める自分の生き方=死に方…
    色々なことを考えた。
    「必ず訪れる死の前では、全ての医療は時間稼ぎだよ…」

  • 人間にはいつか必ず「死」が訪れるもの。
    3人の患者の葛藤を背景に、人間の命を救う医師の壮絶な闘志がぶつかりあうドラマ模様に驚嘆!
    家族を含め患本人の意思を第一にしつつも、医師として『この患者の命を何が何でも守るための最善の策を取り続けるべきか』、『死が避けられない患者の余生をかんがえさせるべきか』2人の医師の意志が対立する。

    人間、いつどうなるかわからない中で、仮に自分がこのような状態になったらどちらの医師の方にお願いするだろう・・・
    家族との別れはしたくないけれども、いつかは必ずやってくる。ましてや延命措置で家族に大きな負担をかけられない。
    死になくない、死が怖い、しかし必ずその時は来る。家族には負担はさせたくない。自分も苦しみたくない。迷惑をかけたくない。

    まさに、患者目線と医師の目線で「はかない命」をどうするか考えされる感動の1冊です!!

  • 文句なしの星5作品。

    なんとなく日々を生きてる私たちに死ぬという現実を強烈に伝えてきます。
    もしあと1ヶ月しか生きれなかったら?もし不治の病にかかって弱るだけだったら?そんなこと考えてみてもわからないけど、本当にそうなったときの人間の苦悩がありありと描かれてます。

    生きるも良し死ぬも良し、それは個人の選択だけどこの作品の中では生死に関して対極の意見を持った医者がなにかと衝突します。

    3部構成でそれぞれ1人ずつの話ですが、最後には苦しくて苦しくてそれでもやっぱり感動して、涙が止まりませんでした。
    私は各人の話でもたくさん泣いてしまいましたが笑

    なんとなく毎日生活をしてる人はこれを読んで生きる!って強く感じれるようになってほしいです。

全115件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1985年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。2009年に『!(ビックリマーク)』でデビューし、若者を中心に支持を得る。著書に『郵便配達人 花木瞳子が盗み見る』『一番線に謎が到着します』など多数。

「2016年 『文藝モンスター』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)のその他の作品

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
恩田 陸
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の医者は桜を見上げて君を想う (TO文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする