恋のヒペリカムでは悲しみが続かない 上 (TO文庫)

著者 :
  • TOブックス
3.18
  • (3)
  • (5)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 203
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864728560

作品紹介・あらすじ

累計40万部突破!『最後の医者』シリーズの著者が作家生活10周年記念に書き下ろす感動の恋物語!上巻

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「第一章」
    彼の物語を聞いていたのは。
    最初はホスト狂いの彼女を過去の様に落としていくのかと思いきや、最後の展開には色々と驚かされた。
    自分が逃げる様に辞めた店の名を聴くだけでも普通は嫌悪しかないだろうが、彼は少し過去と向き合ったからこそ店に出向いて彼等にも物語を聞かせたのだろうな。

    「第二章」
    別々に来た二人の想い人。
    彼女は過去の経歴と言えばいいのかわからないが、遊び人をしていたからこその結果になってしまったのだろうな。
    互いに探り探りなうえ、どちらか一方がリードをとる訳でも無く相手に合わせようと無理をしたりしていたら何処かで限界が来るのは当たり前だよな。

  • 悩みは深まるばかり。

  • 悪かないけどさしてグッとくるわけでもなく、、、
    アニメか漫画を見てる感じ?
    まあ読みやすいに違いはないので普段文庫手にとらんわーって人にはいいかも??

    出てくるキャラの性格が表紙から想像していたものとは全然違ったなあ。
    檜山の話はええ話風にまとめとるけど、あの女がやってることは地味にホラー。。。
    谷堂と篠原の話は客のみにスポットライトをあてるんじゃなくて谷堂と篠原にもスポットをあててるところが面白いかな、、、

  • 上巻はそこまでいい感じではない。視点を変えると色々見えるものが違う、っていうのがよくできてるな、と思ったけど。

    2019.12.28
    180

  • 漫画を小説にした感じです。
    上巻はちとつまらなかったですね。

  • 「最後の医者は〜」シリーズがとても好きだったので、今回期待して待ち望んでいた。読んでいてつまらないわけではないけど「最後の〜」ほど引き込まれる吸引力はなかった…
    表紙は綺麗だけれどもイメージと違うキャラクターが描かれているので、表紙と帯で食指が動かない人も多そう。もったいない。
    ストーリーどうこうというよりは、あるシーンでのワンフレーズ


    『誰かにとって簡単なことが、他の誰かにとってもそうだとは限らない
    自分自身がやる気を出せと言われて出せなかったように
    うまくできない日があったのを責められて辛かったように』

    という一文がとても心に突き刺さった。自分自身が「人に厳しく、自分にも厳しく」タイプなので、みんなこれくらい出来て当たり前、むしろ出来ないなら努力すべき!
    と思ってしまいがちだけど、そうではないんだなと改めて気付かされた。後半にはガラッとイメージを変えたストーリー展開になったのでそれはそれで少し面白かった。

  • 購入して読了。
    何かをずっと続けるって難しいよね、、、

  • 上巻読了。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二宮敦人(にのみや あつと)
1985年、東京都生まれの小説家、ホラー作家、推理作家。一橋大学経済学部卒業。携帯小説サイト「魔法のiらんど」「E★エブリスタ」でホラー小説を発表し、2009年に『!(ビックリマーク)』でデビュー。妻が東京藝術大学彫刻科の学生だったことから、多数の藝大生に取材しノンフィクション『最後の秘境 東京藝大』を執筆、ベストセラーとなる。著書に『郵便配達人 花木瞳子が盗み見る』『一番線に謎が到着します』など多数。2019年4月11日、『世にも美しき数学者たちの日常』を刊行。

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下奈都
恩田 陸
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

恋のヒペリカムでは悲しみが続かない 上 (TO文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×