文字の博覧会―旅して集めた"みんぱく"中西コレクション (LIXIL BOOKLET)

  • LIXIL出版
4.14
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (86ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864805131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさに“文字”の博覧会!
    “言語”ではなく“文字”の世界コレクション。
    書かれる粘土や石、葉、紙の材質によっての変容。
    装飾、それをわかりやすくするための変容。
    土地の言語に合わせての変容。
    様々な変容により、文字は淘汰し、分岐する。
    これが一個人の蒐集というのも驚きである。
    万人に寄与するために、国立民族学博物館に
    寄贈した遺族の選択も素晴らしい。
    研究者でなくとも、現物の世界の“文字”を一冊の本で愛でられる、
    そんな国にいてよかったと、しみじみ思う。

  • 2016-6-27

  • 彩から借りた本。
    現在、使われていない文字も含めて、これまで世界には
    200を超える文字があった。
    アルファベットにつながるエジプト文字。
    漢字につながる甲骨文字、
    そして消えた文字である楔形文字と中米文字。
    日本語になれた自分から見れば、どれも驚くほど難解!!

  • INAXの趣味の本シリーズ4冊・その2
    <写真の本>
    ●背守り ― 子どもの魔よけ
    ●山と森の精霊 高千穂・椎葉・米良の神楽
    ●文字の博覧会―旅して集めた"みんぱく"中西コレクション
    ●考えるキノコ 摩訶不思議ワールド

    コメントは「背守り ― 子どもの魔よけ」でご覧ください。

    2017/02/16 更新

  • 読めない文字は,ほとんどアートである.しかし,美しい.

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784864805131

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

国立民族学博物館副館長 人間文化研究機構国立民族学博物館教授/総合研究大学院大学文化科学研究科教授 言語人類学
最終学歴:京都大学大学院文学研究科博士課程修了
学位:博士(文学)
主要業績:「枠物語異聞—もうひとつのアラビアンナイト、ヴェツシュタイン写本試論」堀内正樹・西尾哲夫(編)『〈断〉と〈続〉の中東—非境界的世界をぐ』悠書館 2015。『ヴェニスの商人の異人論—人肉一ポンドと他者認識の民族学』みすず書房 2013。『世界史の中のアラビアンナイト』(NHKブックス)NHK出版 2011。

「2016年 『中東世界の音楽文化 うまれかわる伝統』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西尾哲夫の作品

文字の博覧会―旅して集めた"みんぱく"中西コレクション (LIXIL BOOKLET)を本棚に登録しているひと

ツイートする