にん者きょうりゅう: ナゾとき大きょうりゅう

制作 : 小泉澄夫 
  • 絵本塾出版
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864840286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [江戸川区図書館]

    最近やけに恐竜ブームがきている5歳の息子のために借りてきた本。見るからに小学生向けの本ではあったが、興味があれば何のその。読むのは私とはいえ、興味深く、全部読み切った。恐竜という絶滅種のため、はっきりとした解答が出ないだけでなく、その仮定についても試行錯誤して説明しているので、理解が浅い幼児に対して読み聞かせる場合は誤った知識や正解?が身につかないようやや注意。

  • 恐竜の体の不思議。

    頭にトサカのようなでっぱりがある恐竜がいます。
    これまでは、忍者が水の中にもぐるときに使ったような、空気を取り入れる
    道具の役目をしていたと思われていました。
    ところが、楽器のように音を出す役目をしていたのではないか、という意見が
    出てきたのです。

    背中に板のようなものが並んでいる恐竜がいます。
    この板が、普段は両方の腹にぺたんとねかせていたのではないか、という意見が
    出てきました。

    だれも生きたままの恐竜を見たことがないので、想像がふくらみます。

全2件中 1 - 2件を表示

たかしよいちの作品

にん者きょうりゅう: ナゾとき大きょうりゅうを本棚に登録しているひと

ツイートする