忘れえぬ声を聴く

著者 :
  • 幻戯書房
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864880428

作品紹介・あらすじ

古書を入口に、百年前の日本へ思いを馳せる。日露戦争、大逆事件、二つの世界大戦…時代のなかで忘れられた人々の姿を生々しく描き出す、"小さなエピソード"の数々。惜しまれつつも急逝した評伝作家が、歴史を読み、書くことの魅力をつづる単行本未収録エッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒岩比佐子さんの本は初めて読みました。
    日本の近代史の中に埋もれている多くの人々の姿を、自ら神保町で集めてきた古書を題材に描き出しています。
    単行本未収録の遺作集とのことですが、読み終わるまで著者本人が意図を持って綴っていったものだと思ってしまったほど、おそらく著者の意志を理解した編集がなされていると思います。
    神保町の古書店をめぐる話を読んで、いま、その神保町にいる私は、すぐに古書店に足を運んでみたくなりました。

  • 若かったのにねぇ

    幻戯書房のPR
    「52歳で逝ったノンフィクション作家の遺稿集
    古書を入口に、百年前の日本へ思いを馳せる。

    日露戦争、大逆事件、二つの世界大戦……時代のなかで忘れられた人々の姿を生々しく描き出す、「小さなエピソード」の数々。惜しまれつつも急逝した評伝作家(ヒストリー・オーサー)が歴史を読み、書くことの魅力をつづる単行本未収録エッセイ集。

    本文より「こうして百年後からふり返ってみると、信じられないほど、生々しいエピソードばかりである。戦争と新聞、政治とジャーナリズム、大衆の欲望とそれを煽動するメディア。現在にも通じるこれらの原型は、すべて百年前のこの時点で胚胎していたのだ、と痛感せずにはいられなかった。そして、歴史におけるターニング・ポイントとは、その時代を生きた人間には自覚されず、こうして一世紀の時を隔てて初めて明確に見えてくる、ということも……。」」

全2件中 1 - 2件を表示

黒岩比佐子の作品

ツイートする