煙管の芸談

著者 : 渡辺保
  • 幻戯書房 (2014年3月27日発売)
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 15人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864880459

作品紹介

もし景清と阿古屋の恋物語に煙草がなかったらば、景清はさぞ手持ち無沙汰であったろう。弁慶が大酒のみでなかったならば、「歓進帳」はどれほどつまらないだろう-。煙草、酒、そして水が歌舞伎を豊かにする。

煙管の芸談の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらっと書かれているように見えるが味わい深い。「勧進帳」で富樫が戻ってくるわけは正直言って初めて知った。いかにも歌舞伎らしい改変。

  • 真似て煙管でも使ってみようかね!

    幻戯書房のPR
    「歌舞伎のなかの酒、水、そして、煙草」

    実は煙草を嗜みませんが、、、

全2件中 1 - 2件を表示

渡辺保の作品

煙管の芸談はこんな本です

ツイートする