大正文士のサロンを作った男 奥田駒蔵とメイゾン鴻乃巣

著者 :
  • 幻戯書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864880718

作品紹介・あらすじ

文士ばかりでなく、芸術家や社会主義者も集った西洋料理店&カフェ「鴻乃巣」の店主・駒蔵のディレッタントとしての生涯を追跡した書下ろしノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <目次>
    はじめに
    第一章 文士の梁山泊「メイゾン鴻乃巣」
    第二章 駒蔵の生い立ちと横浜修行時代
     1 駒蔵の生い立ち
     2 横浜修業時代
    第三章 「メイゾン鴻乃巣」誕生と変遷
     1 日本橋小網町「メイゾン鴻乃巣」誕生
     2 日本橋木原店へ
     3 京橋南伝馬町へ
    第四章 自由人駒蔵の素顔
     1 画家気取どりの鴻巣山人
     2 多彩なる旅の足跡
     3 映画・演劇界との関わり
     4 個人雑誌『カフェエ夜話』
    第五章 駒蔵の晩年・死とその後
     1 駒蔵の死まで
     2 スッポン料理「まるや」と魯山人
     3 駒蔵の遺産
    結び

    2015.09.01 読書開始

  • 「メイゾン鴻乃巣」東京で最初のカフェー。明治43(1910)年、日本橋区小網町で開業。

全2件中 1 - 2件を表示

奥田万里の作品

ツイートする