線で読み解く日本の名画

著者 :
  • 幻戯書房
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864880749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784864880749

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

安村敏信〈やすむら・としのぶ〉1953年富山県生まれ。東北大学大学院博士課程前期(日本美術史)修了。1979年より板橋区立美術館に勤務。2005年より2013年3月まで同館館長を務める。学芸員時代は、江戸文化シリーズと銘打ち江戸時代の日本美術の魅力を伝えるユニークな企画展を多数開催。2013年4月より萬美術屋として美術の魅力をより一層広めるための活動をスタート。主な著書に、『江戸絵画の非常識』(敬文舎)、『宗達・光琳と桂離宮(日本美術全集第13巻)』(小学館)、『浮世絵美人解体新書』(世界文化社)、『もっと知りたい狩野派』、『ワイドで楽しむ奇想の屏風絵』、『江戸の十二支どうぶつえん』(以上東京美術)、『絵から読み解く江戸庶民の暮らし』(監修、TOブックス)ほか多数がある。

「2015年 『絵師別 江戸絵画入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安村敏信の作品

ツイートする