春風コンビお手柄帳

著者 :
  • 幻戯書房
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864881494

作品紹介・あらすじ

女子中学生・ユキコさんが探偵役として活躍する表題連作ほか、日常の謎あり、スリラーあり、ハードボイルドありと、多彩な推理が冴え渡る。名作『黒いハンカチ』(1958)以来60年ぶりとなるミステリ作品集(巻末エッセイ・北村薫)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小沼丹生誕百年記念で刊行された少年少女小説の推理編。表題作シリーズ5作を含む15作が収録されている。

    日常の謎、にしては容赦ない事件も描かれるが、少年少女が謎をといては、深入りせず、あっさり通り過ぎていく。この屈託のなさは時代だろうかと思いつつ読み終えて、解説の北村薫が書く「感情とのこの距離感」という言葉にああと膝を打った。
    不思議に魅力的な風を感じる一冊。

  • 50~60年代にジュニア誌に発表された、全集未収録の作品。生誕百年記念刊行。

    あの時代ならではのあっけらかんとしてはいるものかなり物騒な事件がてんこ盛りで(これジュニア誌だったのよね…?と最近の基準で考えるとビックリするような…)、犯行の動機も探偵の行動もかなりブラックです。だがそこが面白い。

    別荘地を舞台にした短篇達は堀辰雄っぽくもあり、美しさと恋心と感傷が根底に流れるこれまた良作でした。素敵。

    そして巻末エッセイの北村薫先生が全て語ってくれていて、これ以上感想に書けることがないですわ…見事なエッセイでした。

  • 中学生が事件の謎を解く探偵ものが中心の短編集。この子達の健康診断の結果は全員Aなんでしょうね…という健やかさで、楽しく読んだ。

    ふつうの人がけっこう簡単に悪事をはたらくんだけど、それがばれてもがっつり制裁されない点、探偵さんたちの在りように比べて事件の中身がわりと爽やかではないところに時代を感じるし、そこがおもしろポイントのひとつ。誘拐とか怪事件が多かった時代の、少し前の日本の柄の悪さ。猫が好きな人は、本書を小沼丹の最初に一冊にしないようお願いします。

    本書も別荘ものがいくつか収録されていて、読むだけで転地効果があった。涼しくてひと気がなくて時間が余っていて、そこでしか会えない人たちがいる。憧れる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

小沼丹
一九一八年、東京生まれ。四二年、早稲田大学を繰り上げ卒業。井伏鱒二に師事。高校教員を経て、五八年より早稲田大学英文科教授。七〇年、『懐中時計』で読売文学賞、七五年、『椋鳥日記』で平林たい子文学賞を受賞。八九年、日本芸術院会員となる。海外文学の素養と私小説の伝統を兼ね備えた、洒脱でユーモラスな筆致で読者を得る。九六年、肺炎により死去。没後に復刊された『黒いハンカチ』は日常的な謎を扱う連作ミステリの先駆けとして再評価を受けた。その他の著作に『村のエトランジェ』『小さな手袋』『珈琲挽き』『黒と白の猫』などがある。

「2022年 『小沼丹推理短篇集 古い画の家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小沼丹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×