どうする? どうなる? これからの「国語」教育: 大学入学共通テストと新学習指導要領をめぐる12の提言

制作 : 紅野謙介 
  • 幻戯書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864881739

作品紹介・あらすじ

「戦後最大の改革」は、このままでは必ず失敗する。
この国のあらゆる教育と文化の要となる「国語」に今、何が起ころうとしているのか。
「論理国語」と「文学国語」とは?
「センター試験」(2020年廃止)後の「新共通テスト」(2021年開始)とは?
大きな議論を巻き起こした紅野謙介『国語教育の危機』から一年……高校・大学・予備校の現役教師12名が問題点と具体策を総合的に論じる。
これからの国語・日本語にたずさわるすべての人のための一冊、緊急刊行!
(「国語改革」問題・関連年表付き)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  文科省は、直前の検定が済まないうちは(つまり来年度末近く)一切の新しい「国語」の教科書について情報を公開しようとしない。教科書会社でも、ごく一部の実務者にしか内容が知らされていない。
     開かれた、生産的な議論を行うために、閉ざされた状態は一刻も早く光り輝くように。
     

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする
×