投資家の父より 息子への13の遺言

著者 :
  • 電波社
2.71
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864900560

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんか聞いたことあったので手に取った。

    お金への不安はあるが、株式投資自体への興味はそんなにないなと改めて思った。分散投資で世界の成長に合わせたプラスサムゲームで充分。

    損切りは機械的に。
    80年代の証券会社は軍隊。銀行は花形。
    学生の勉強のレベルが違うってよく言うよね
    理解できないものに投資をしない

  • 「富士フィルム」なんて表記も、フィクションだからなのでしょうかね?
    (もちろん、「ィ」は大きい「イ」が正解)

  • 13章からなる手記、遺言っぽくない。
    投資に関わる手法はそれほど具体的なものではないが、金があってアーリーリタイアしたら何するかな、という読み物としてはなかなか面白い。が、わざとなのか、思い付いたまま書き留めている手記だからか、時系列は前後してるし、同じ話も多々出てくる。
    著者は順張り派。金額のスケールが大きいのでモチベーションは上がる。

全3件中 1 - 3件を表示

高橋三千綱の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
稲盛和夫
伊賀 泰代
佐藤 優
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×