長い酷暑 (ヴィレッジブックス)

制作 : 入間眞 
  • ヴィレッジブックス
3.33
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 70
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910347

作品紹介・あらすじ

記録的な熱波に襲われたニューヨークで、高級アパートメントの六階からひとりの男が墜落死する。男の名はマシュー・スター。総額数千万ドルの絵画コレクションを所有する不動産業界の大物だ。検死の結果、遺体から特徴的な六角形の指輪の殴打痕が発見され、殺人の疑いが強まる。NY市警殺人課の女性刑事ニッキー・ヒートは同行取材中の記者ルークとともに捜査を開始。やがて、被害者と齢の離れた若妻それぞれに怪しい過去や愛人の存在が判明し、次々と容疑者が浮かび上がる。二転三転する捜査、果たして犯人は誰なのか…!?ジェイムズ・パタースン絶賛!人気ドラマ発の本格ミステリー第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海外ドラマ「CASTLE」が好きな人なら、これも楽しく読めると思う。
    ドラマの中で出てくる大ヒット小説を現実でも出版したというもの。巻頭の献辞を見ると、嬉しくなる。

    十二分署のメンバーをモデルにしたという設定だけれど、モデルどころかそのまま描写したというくらいのキャラクターたちが登場する。おかげで私の頭の中では、ドラマの面々が動いて場面を想像させてくれた。
    これを読んだなら、キャッスルとベケットを見て「あぁ…」という反応をする人がいるのも当然という感じ(笑)

    内容は、下ネタやらエロ発言が結構多い。ちょっと下品に思えるくらい。
    発売当時のアメリカネタというか、テレビ番組の内容に例えたりするシーンの面白さがわからないのが残念。

    次作にも期待しています。

  • 2009年発表
    原題:Heat Wave

  • アメリカのドラマ「キャッスル」の主人公リチャード・キャッスルが書いたもの、という設定の小説。

    小説としてだけみると、うーんな感じだったけど、

    ドラマのあの台詞が、この小説のこの文から来てるのか!などと考えるとニヤニヤしながら読んでしまった。

    ドラマは、有名小説家であるリチャード・キャッスルが友人である市長のコネを使い、市警に長期密着取材をするという内容。
    その市警の警官であるケイト・ベケットとの、軽妙なやりとりや微妙なくっついたり、離れたりが、面白い。

    この小説は、ドラマ主人公のキャッスルが、ベケットを元にヒートと言う小説内の主人公を作り出したもの。
    キャッスルを元にしたルークが、ややカッコよく書かれていたりと、
    やはり、ニヤニヤしながら読んでいた。

  • 2017/5/27
    私の愛する海外ドラマ「キャッスル」の作者がドラマの中で出版した本が現実に出版された。
    だから作者はリチャードキャッスル。
    素敵。キャッスルが存在するみたい。
    キャッスルは自分のことをもっとハードボイルドに描いてるかと思ったけど意外にかわいくドラマのキャッスルそのままに描いていた。
    って言うかみんなそのまんまやん!
    キャッスルもうちょっと脚色しなくて大丈夫?怒られへん?
    と小説以上に楽しめた。
    ドラマ全部見たいね~

  • キャッスルからのスピンオフ。ドラマとの徹底したリンクが楽しい。

  • これは絶対TVドラマを見てから読んだほうがいい。頭の中で本の登場人物がドラマの登場人物に自動変換されて動き回ります。巻末の謝辞やキャッスルへのインタビューにも思わずニヤリ。2作目も楽しみ。

    ”Heat Wave” by Richard Castle

  • 海外ドラマ・キャッスルに登場するリチャードが書いた、という体裁の本!

  • 作者もなにもかも偽物。

    実は海外ドラマCastleに出てくる本をテレビ局が出版したもの。
    内容はドラマとリンクしていて面白かった。

    違う本も出ているらしいのでそれを読みたいと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

リチャード・キャッスルの作品

ツイートする