ロード・ジョン・グレイ ゲールの赤き火影 (ヴィレッジブックス)

制作 : 加藤洋子 
  • ヴィレッジブックス
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (664ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864910606

作品紹介・あらすじ

1760年ロンドン。ジョン・グレイが託された英国将校の悪事を告発する秘密文書には、ゲールの詩らしき不可解な一節があった。この意味を理解し将校を連れ戻す役に適任なのはハイランダーの囚人フレイザーしか思いつかないが、彼らには1年以上前からある確執があった…。二人は古の詩歌をたどり、王位奪還の不穏な動きを見せるアイルランドの地に、心ならずも共に旅立つことになるが-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アウトランダーシリーズ外伝3冊目。このシリーズは読み始めるまでに覚悟がいるので(長いし、登場人物関係が複雑だし、内容が濃いし)買ってからだいぶたっちゃった。でも読み始めると止まらなくて1日で読了。そして必ずシリーズの前の作品を読み返したくなる。ジェイミーの波乱万丈の人生が大変過ぎて、クレアと一緒の幸せな時間をまた読んで慰めを得たくなる。そしてジョン。細やかな感情描写に思い入れせずにいられない。さらにちっちゃくて生意気で元気いっぱいのウィリー。ジェイミーとのやり取りに頬が緩む。さらにさらに、ハルとミニーの夫婦。強くて近寄りがたい印象のハルが今回なかなか良い。次は愛情たっぷり冒険たっぷりであろうこの夫婦の物語を読みたいな。あー、また1巻を読み返さなきゃ。ワクワク 201312

  • ジョン・グレイのシリーズ物のスピンオフ作品。

全2件中 1 - 2件を表示

ダイアナ・ガバルドンの作品

ツイートする