スターな彼女の捜しもの (ヴィレッジブックス)

制作 : 佐竹史子 
  • ヴィレッジブックス
4.00
  • (5)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (664ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864911115

作品紹介・あらすじ

彼氏にフラれ、仕事のパートナーには逃げられ、公私ともにイマイチすぎる日々を送っているララは、105歳で大往生した大叔母サディーの葬儀に出席することになった。親族以外の弔問客や花さえもないうら寂しい葬儀場で、ララは不思議な少女に声をかけられる。「あたしの首飾りをさがして」と熱心にうったえる彼女の驚くべき正体を知ったララは、好奇心から引き受けることにしたけれど…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ソフィー・キンセラ、いいですね!
    テンポよく、ユーモラスで、愛があるお話です。

    ララ・リントンは27歳。
    彼氏にはふられ、せっかく独立して始めた仕事のパートナーには逃げられてしまったらしい。
    ヘッド・ハンティング会社を始めたばかりなのだが、専門のスキルを持つほうのナタリーが、バカンス先で恋に落ちて戻ってこないのだ。
    元彼のジョシュはまだ本当は自分を好きなのだと思えて、じつは諦めきれないララ。

    105歳で大往生した大叔母サディーの葬儀にしぶしぶ顔を出したところ、「この葬式を止めて。あたしの首飾りを探して」と必死で頼む若い娘に出会う。
    1920年代調のドレスを着た若い娘の名は、サディー。
    ララは、めちゃくちゃな理由を並べて葬儀をストップさせ、以後もその娘に振り回されつつ、面白おかしい冒険が始まるのです。

    途中でハンサムな経営コンサルタントに出会ったり、思いがけない家族の歴史が明らかになったり。
    小柄な女の子で特別なスキルもないけど、体当たりで突き進むララ。
    恋愛下手なんだけど~明るさと素直さがいいですね。
    笑える展開が次第に心温まる盛り上がりに繋がり、元気が出ますよ☆

  • 彼氏にフラれ、仕事のパートナーには逃げられ、公私ともにイマイチすぎる日々を送っているララは、105歳で大往生した大叔母サディーの葬儀に出席することになった。 親族以外の弔問客や花さえもないうら寂しい葬儀場で、ララは不思議な少女に声をかけられる。 「あたしの首飾りをさがして」と熱心にうったえる彼女の驚くべき正体を知ったララは、好奇心から引き受けることにしたけれど…。時を超えたファンタジック・ラブ・コメディー!

    原題:
    訳者:佐竹史子

    ヴィレッジブックス(2014.01.20)

  • 大叔母が幽霊になっているという突拍子も無いファンタジーにビックリしてあまり読み進めなかった。しかし、主人公のルーツが明らかになるに従ってどんどん読みが速くなり楽しめた。

  • 中だるみしたけど後半で一気読み!
    こんな守護霊がいたら楽しいかも。。

  • またまた会社の方から貸していただいた本。

    全くの異文化なのに、何故ここまで共感できるのか!?
    何て明るく朗らかでハッピーなストーリーなんだろう!!
    読む人誰もを幸せにできる物語なのではないだろうか。

    読んでいる間中、顔がニヤニヤニコニコ。

    日本には絶対に無いだろうストーリーだけど、こんなに楽しめる!
    最高にハッピーな一冊!!

全5件中 1 - 5件を表示

ソフィー・キンセラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする