キャプテン・アメリカ:リボーン (MARVEL)

  • ヴィレッジブックス
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864911740

作品紹介・あらすじ

希望なきシビル・ウォーの末、キャプテン・アメリカは宿敵レッドスカルの罠に落ち、非業の死を遂げた。その名はバッキー・バーンズに受け継がれたものの、スクラルの侵略を機に、ヒーロー達の栄光は地に堕ちる。ノーマン・オズボーンら、悪の力が世にはびこる今、自由と正義の灯の担い手は何処に…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 死からの復活はアメコミの常ながら、その間衣鉢を継いだバッキーと共に倍返しの大団円は「やった甲斐」を感じる。復活の理由付けはうまい盲点だとは思うけど、死体があった期間の説明とは言いがたいような。視点が違うとは言え本誌600号であれだけおさらいしたキャップの過去をこっちでもおさらいするのは何だかちぐはぐだが、B.ヒッチのドラマチックな画で見れたのは意義があると思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

●エド・ブルベイカー[作]……ライター、コミック・アーティスト。『キャプテン・アメリカ』や『デアデビル』『アンキャニー・X-MEN』などのマーベル作品のほか、『バットマン』や『キャットウーマン』などDC作品にも携わる。また映画やゲームの脚本を手掛けるなど、幅広く活躍している。また、アイズナー賞、ハーベイ賞のベスト・ライター部門のほかに多くの賞を受賞している。

「2021年 『ゴッサム・セントラル:正義と悪徳と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エド・ブルベイカーの作品

ツイートする
×