シージ (MARVEL)

制作 : マイケル・ラーク  ルチオ・パーリロ  オリビア・コワペル  ジム・チャン  御代しおり 
  • ヴィレッジブックス
4.43
  • (5)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864911931

作品紹介・あらすじ

スクラル人の侵略を退け、一躍、時代の寵児となったノーマン・オズボーン。大統領の寵愛を受け国防の大役を任された彼は、シールドに代わる謀報機関ハンマーの創設、子飼いのスーパービランを集めた新アベンジャーズの創設など、自らの権力基盤を着実に固めていく。しかし、その一方でヒーロー達の抵抗は続き、オズボーンの計画には狂いが生じていく。この状況で己の地位を盤石とするには、スクラルに匹敵する新たなスケープゴートが必要だ。そう考えたオズボーンが目をつけたのが、オクラホマに現れた神々の都、アスガルドだった。善と悪が雌雄を決する最後の戦いが迫る中、戦場に三人の勇者が降り立つ。その名は…!ニューアベンジャーズ誕生に始まる怒濤のヒーローサーガ、ビッグ・スリーの降臨を得て、ここに完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長期シリーズの完結編っぽいです。

    ダークアベンジャーズのアスガルド侵攻。苦戦するソーを見て、アベンジャーズが再び集結!しかしその戦いの中で、真の最強の敵が目を覚ます…といった感じで、筋は実にわかりやすい。純粋にカッコイイシーンが多くて楽しかった。初心者にとっては知らないキャラが多いけど、「お、このキャラの活躍をもっと見たい!」となることでしょう。
    個人的には、強さでセントリー、設定的に駄犬が気になりました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

●ブライアン・マイケル・ベンディス[作]……1990年代から数多くの作品を手がけ、五度のアイズナー賞受賞歴を持つ。2000年代から『アルティメット・スパイダーマン』で“アルティメット・マーベル”のユニバースを確立して、さらに2004年の“アベンジャーズ・ディサセンブルド”以降は数々のイベントとアベンジャーズ系列誌を通じて主流のマーベル・ユニバースを動かしてきた。2001年からの『デアデビル』や『エイリアス』、“マーベル・ナウ”期の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』やX-MEN系列誌の仕事でも知られる。2015年にはオリジナル作品『パワーズ』がウェブドラマ化。

「2018年 『インビンシブル・アイアンマン:リブート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブライアン・マイケル・ベンディスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ミラー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする