エイジ・オブ・ウルトロン Vol.1 (MARVEL)

制作 : ブライアン・ヒッチ  秋友 克也 
  • ヴィレッジブックス
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864912273

作品紹介・あらすじ

スパイダーウーマンの思いがけない発見を機に、世界は瞬時にして生まれ変わった。そこは、機械生命体ウルトロンが支配する世界。辛うじて生き延びた一握りのヒーロー達は、人類の存亡を懸けてウルトロンに挑む。如何なる犠牲を払おうとも…!注目の映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の原案となったクロスオーバー大作、早くも日本上陸!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アメコミはエピソード単位で楽しめるものとしても、登場するヴィランなんかがヒーロー達と既に既知であったりするとどうしても「未読のエピソード」の存在を意識しちゃって途中から読んでしまった感が残ってしまうんですよなぁ。あと、ヒーロー達はそのヴィランの恐ろしさを知ってるけど読者は知らない。そこらへんの齟齬も、特に冒頭において障害となる。

    とは言いつつも、ある程度ノッてくると話も面白くなってくる。本巻では主に事件の発端ではありますが、過去と未来両軸で展開されるウルトロン討伐戦、楽しみであります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

●ブライアン・マイケル・ベンディス[作]……1990年代から数多くの作品を手がけ、五度のアイズナー賞受賞歴を持つ。2000年代から『アルティメット・スパイダーマン』で“アルティメット・マーベル”のユニバースを確立して、さらに2004年の“アベンジャーズ・ディサセンブルド”以降は数々のイベントとアベンジャーズ系列誌を通じて主流のマーベル・ユニバースを動かしてきた。2001年からの『デアデビル』や『エイリアス』、“マーベル・ナウ”期の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』やX-MEN系列誌の仕事でも知られる。2015年にはオリジナル作品『パワーズ』がウェブドラマ化。

「2018年 『インビンシブル・アイアンマン:リブート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブライアン・マイケル・ベンディスの作品

ツイートする