スター・ウォーズ ロード・オブ・シス 下 (ヴィレッジブックス)

制作 : 上川典子 
  • ヴィレッジブックス (2015年11月30日発売)
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864912549

作品紹介・あらすじ

皇帝とベイダーの殺害をもくろむライロス解放運動のメンバーたちによって、スター・デストロイヤー"ペリラス"は宇宙の藻屑となった。だが、爆発寸前で脱出したベイダーたちは、辛くも惑星ライロスへと不時着する。戦いの場はライロスに移り、それぞれの思惑のもと、帝国軍と反乱者たちとの戦いの火蓋がいま、切られることとなった-

スター・ウォーズ ロード・オブ・シス 下 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かったー。

  • 舞台を宇宙からライロス地表のジャングルに移し、狩る者と狩られる者がしのぎを削る下巻。かつてこれほどまでに皇帝が荒ぶる作品があっただろうか、いやない!と即答したくなるほどライトセーバーを手に暴れ回るパルパティーンを見られるのは『CW』のサヴァージ&モール戦と本作くらいのものでしょう。ヴェイダーの甘さ故に招かれる惨劇、そしてそれを諭す皇帝の姿はまるでヨーダそのもので、ジェダイとは異なりつつもフォースに対する敬意が窺える教えには善悪の在り方を超え、シスもまた哲学者であり求道者であることを認識させられます。伴侶を失った傷から怠惰な人間に成り下がるも、命を落とした部下を労うことを忘れないモフ・モーズもとても良い。是非、過去話を読みたいキャラクターです。

  • まずは本作の一方の主人公であるトワイレックのイズバルが魅力的。

    あとシスの暗黒卿として成長過程にあるダース・ベイダーの描写が興味深かった。むしろ、このままシスにまなりきれずにep4を迎えるのでは、と思ったり…

全3件中 1 - 3件を表示

ポール・S・ケンプの作品

スター・ウォーズ ロード・オブ・シス 下 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

スター・ウォーズ ロード・オブ・シス 下 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする