パーティーは復讐とともに イヴ&ローク38 (ヴィレッジブックス)

著者 :
制作 : 中谷ハルナ 
  • ヴィレッジブックス
3.86
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (664ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864912730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【イヴ&ローク38作目】今回はいつもと違って最初から犯人がわかっているという初めてのタイプ。また犯人が凄く嫌な奴というか本当におかしな人。そして感謝祭でイヴとロークはたくさんの家族、友人に囲まれて過ごす。久しぶりに初期の頃の2人、というか初めて出会った1作目を読んでみたくなった。きっと今読めば2人が確実に新しい人生を歩んでいる事がわかるんだろうな。

  • 最初から分かっている犯人を追いつめていく内容。
    犯人が本当に嫌な男なので、早く捕まえてくれないかなと思いながら読みました。

  • 【ネタバレ】イヴ&ローク38作目。今回の犯人は胸くそ悪すぎ!クズでろくでなしすぎた!さっさとイヴに捕まってしまえ!とイラつきながら読了。反面感謝祭の集まりでは、ロークの親族やイヴの仲間が集まってホッコリ。ニクシーのサプライズプレゼントの絵と作文(kick-ass)にやられ電車の中で涙腺崩壊、そしてイヴとロークが叙勲されるシーンでも涙…(ロークは制服姿のイヴにニヤニヤにニマニマ)今回二人の叙勲によって、イヴは警部への昇進を打診されるのですがその決断は思っていた通りだったので納得。次作も楽しみです。

  • 単なるろくでなしが凶悪犯罪者になっていく怖さ。

  • シリーズ38巻。
    自分の利益のために両親を惨殺利他ろくでもない息子。
    こういう人間はイライラします!
    それでも最後は犯人を捕まえ、さらに犯行を認めない犯人をおだて、自供に持ち込むイヴの手腕に爽快感を覚えます。
    すっきり円満解決!
    ーBOOKデータベースよりー
    26歳のジェリーは毎日にうんざりしきっていた。仕事をクビになり、元恋人に家を追い出されて、仕方なく実家に戻れば親は愚痴ばかり。いい仕事が見つかればすぐに就職してやるのに、今度はこの家からも出ていけと言う。「自分の居場所を見つけて、大人の男になってほしいの」―ジェリーは大人の男になるため、ついに行動を起こした。母を切り刻み、父を殴り殺して、新しい自分に生まれ変わったのだ…。

  • イヴ&ローク38
    久しぶりに新刊を買って読了。
    相変わらずのスピーディな展開に1日で。楽しく読めました。
    甘やかされて育ったクソ野郎が犯人で勧善懲悪の最後にスッキリ。
    早いとこ、イヴに子どもができないかしら(笑)

  • 切れて母親を殺したクズな男ジェラルドが、いい気になって殺人を繰り返すのを、イヴが追い詰めていくストーリー。
    最初から犯人視点を含めてストーリーが進むので、クズ男に殺される善良な人たちが助からないのが残念。
    感謝祭のイベントに集まるロークの家族やイヴの仲間達、そして勲章をもらう二人。パーティーを前に盛り沢山な数日です。

  • 購入済み 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    26歳のジェリーは毎日にうんざりしきっていた。仕事をクビになり、元恋人に家を追い出されて、仕方なく実家に戻れば親は愚痴ばかり。いい仕事が見つかればすぐに就職してやるのに、今度はこの家からも出ていけと言う。「自分の居場所を見つけて、大人の男になってほしいの」―ジェリーは大人の男になるため、ついに行動を起こした。母を切り刻み、父を殴り殺して、新しい自分に生まれ変わったのだ…。

    殺人を犯した後、ジャンクフード食べまくるって、心理的にありか?今回結構簡単に捕まえてそれからが長いのかなぁなんて思いながら読みましたが、そんなこともなく、期待した感謝祭も短めでした。ピーボディーよかったね、リップダイ。
    ああ、ベラが踊るようになってる!次回はたくさんとうじょうするといいな。
    気がつけば38ですがイブとロークが結婚してまだ3年ですか。

    Thankless in death by J.D.Robb

全8件中 1 - 8件を表示

パーティーは復讐とともに イヴ&ローク38 (ヴィレッジブックス)のその他の作品

J・D・ロブの作品

ツイートする