ドクター・ストレンジ:ウェイ・オブ・ウィアード (MARVEL)

制作 : クリス・バチャロ  御代しおり 
  • ヴィレッジブックス
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864913195

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • C.バチャロの自由で緻密、スケール感のあるアートが圧倒的。「魔術師の日常」を丁寧に見せつつじわじわと事態が悪化し気付いた時には、という魅力的なヒキでお預けはひどい。

  • 映画公開も間近に迫ったタイミングでのドクター・ストレンジの個人誌の刊行。MARVELユニバースの中でも独特な魔術関連の話なだけに、その独特さがわかりやすい話がメインとなっている一冊が邦訳されたのは非常にありがたい。魔術関連のキャラクターがストレンジ以外にも色々登場する点もふくめ、MARVEL魔術組入門編としては優れた一冊かもしれない。ストレンジの正義感と少しユーモアのある部分などをゲストキャラとの関係性の中で見ることができる。
    ただ、魔術世界の描写が今作ではその基調としている設定よりもさらにいじっているので、それまでの作品とは少々雰囲気が違うかもしれない点には留意したい。また、この一冊では話が完全には完結しないので、続きが気になってしまう。その点は覚悟して読み進めて欲しい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

●ジェイソン・アーロン[作]……アメリカ・アラバマ州出身のコミックライター。2001年にマーベル・コミックスのタレントサーチ・コンテストにて見出され、その後DC/ヴァーティゴにて『ジ・アザーサイド』等のオリジナル作品を発表。マーベル・コミックスに本格起用されてからは『ウルヴァリン』『X-MEN』『ソー』『ゴーストライダー』など数多くの作品を手がけており、現代のマーベル・コミックスの中核を担うライターの一人である。

「2016年 『サノス・ライジング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェイソン・アーロンの作品

ドクター・ストレンジ:ウェイ・オブ・ウィアード (MARVEL)を本棚に登録しているひと

ツイートする