僕はその日花嫁になった。(ダイトコミックスBLシリーズ399) (ダイトコミックス BLシリーズ)

著者 :
  • 大都社
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784864950763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鬼と普通の人間の花嫁(花婿?)。触手の役割をする鬼の尻尾。
    子はどうなった?家族は?前の花嫁は?鬼の寿命は?いろいろ設定の粗が気になりますが、恋愛部分、H部分は、とても甘い仕上がりで可愛らしい

  • 異種、触手もの。子供はどこへ?続きあるのか?

  • 鬼に尻尾。斬新。昴編とか琥珀編読みたいのになんか探せなかった。残念。

  • …やや子は?…やや子は?!妊娠したのにその後子供が登場しないのは何故?(T-T)
    現代が舞台の、鬼の王とその花嫁という平凡な高校生の話。ご都合よく男が妊娠可能(笑)鬼には爬虫類系のしっぽがはえてまして、触手プレイも…。そして期待していた妊娠BLですが、前述のように肩透かしくらいました(笑)
    内容は初っぱなから、受けがフェロモンで鬼に追いかけられるという急展開に置いてきぼりくらい、いきなり前の嫁の名前が出てきたり、これは何かのスピンオフなんだろうかと疑問に思いつつ…中盤から切なくてぐいぐい引き込まれました。良かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

銀川ケイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

僕はその日花嫁になった。(ダイトコミックスBLシリーズ399) (ダイトコミックス BLシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする