生の技法―家と施設を出て暮らす障害者の社会学

  • 生活書院 (2017年8月18日発売)
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (663ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865000023

作品紹介・あらすじ

「家」や「施設」を出て「地域」で暮らす重度全身性障害者の「自立生活」。その生のありよう、制度や施策との関係、「介助」の見取り図などを描きだして、運動と理論形成に大きな影響を与え続けてきた記念碑的著作。旧版(増補改訂版)から17年を経て、あらたに2つの章「多様で複雑でもあるが基本は単純であること」、「共助・対・障害者-前世紀末からの約一五年」を加えた待望の第3版が文庫版で刊行。

生の技法―家と施設を出て暮らす障害者の社会学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2階書架 : 369.27/ASA : 3410160945

  • 私に何が出来るか?

    生活書院のPR
    「家」や「施設」を出て「地域」で暮らす重度全身性障害者の「自立生活」。その生のありよう、制度や施策との関係、「介助」の見取り図などを描きだして、運動と理論形成に大きな影響を与え続けてきた記念碑的著作。旧版(増補改訂版)から17年を経て、あらたに2つの章「多様で複雑でもあるが基本は単純であること」、「共助・対・障害者――前世紀末からの約一五年」を加えた待望の第3版が文庫版で刊行!! 解説=大野更紗
    http://www.seikatsushoin.com/bk/102%20seinogihou.html

全2件中 1 - 2件を表示

生の技法―家と施設を出て暮らす障害者の社会学のその他の作品

安積純子の作品

生の技法―家と施設を出て暮らす障害者の社会学はこんな本です

生の技法―家と施設を出て暮らす障害者の社会学を本棚に登録しているひと

ツイートする