3.11以前の社会学―阪神・淡路大震災から東日本大震災へ

  • 生活書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865000245

作品紹介・あらすじ

「不条理な死」に対して人はどのように向き合えばいいのか。広域システム災害のメカニズムとは何か…3.11「以前」の社会学研究のなかに3.11を読み解く知を見出し、1995と2011の二つの大震災で露呈した社会構造や社会システムの変容を明らかにする。社会学における新たな研究対象と理論を構想し、長期にわたって続くであろう「再生」への困難な道のりを社会学者としていかに捉えていくべきかを問う、渾身の論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・開架 369.3A/O25s//K

  • じっくり考えよう。。。

    生活書院のPR
    http://seikatsushoin.com/bk/124%203.11.html

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

関西学院大学社会学部教授
1957年生まれ。著・編著に『資本主義と他者』(関西学院大学出版会 1998年)、Fissures (Ed. de la Villette, 1998)、『文化遺産の社会学』(編:新曜社 2007年)、『零度の社会──詐欺と贈与の社会学』(世界思想社 2005年)、Scams and Sweeteners(Trans Pacific Press, 2007)、『開発空間の暴力』(新曜社 2012年)、Un Japonais en Haute-Marne (Ed.Chatelet-Voltaire, 2015)など。

荻野昌弘の作品

3.11以前の社会学―阪神・淡路大震災から東日本大震災へを本棚に登録しているひと

ツイートする