なぜ、子どものスポーツを見ていると力が入るのかーー米国発スポーツペアレンティングのすすめ

著者 :
  • 生活書院
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865001167

作品紹介・あらすじ

なぜ、子どものスポーツ観戦はこれほど楽しく、でも、ときにはイライラしたり怒りを感じたりしてしまうのだろう。

親として子どものスポーツとどのようにつきあえばよいのか…スポーツファン・指導者はもちろん、スポーツ嫌いの人にも役立つ、使えるヒント満載の、スポーツペアレンティングのすすめ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメリカの小学校~大学までスポーツ状況紹介が中心。
    期待していた、「なぜ、子どものスポーツを見ていると力が入るのか」に関しては一般的な事なみに留まっていた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

谷口輝世子(たにぐち・きよこ)
1971年生まれ。京都教育大学教育学部体育学科卒。1994年、デイリースポーツ社に入社しプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移し、主にメジャーリーグなどを取材。2000年からフリーランスとして活動。プロスポーツから、学生スポーツ、子どものスポーツをカバーしている。 
著書に『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)、『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆に『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)、『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)など。

「2020年 『なぜ、子どものスポーツを見ていると力が入るのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷口輝世子の作品

なぜ、子どものスポーツを見ていると力が入るのかーー米国発スポーツペアレンティングのすすめを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×