LIFE 副菜 おかず、おかわり! (Hobonichi books)

著者 :
制作 : ほぼ日刊イトイ新聞 
  • 東京糸井重里事務所
3.56
  • (4)
  • (14)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 234
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865010374

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「のみもののためのスパイス」が特典として付くそうです!、それなら「ほぼ日ストア」で購入しようかな、、、
    http://www.1101.com/books/life_fukusai/index.html

    ほぼ日刊イトイ新聞のPR
    「おまたせしました。
    飯島奈美さんの『LIFE』シリーズの最新刊です。
    『LIFE』の定番的なメニューに添えた小皿料理、
    飯島さんが映画やテレビの撮影用につくったおかず、
    「ほぼ日」の対談などのためにつくったもの、
    これまでにおまけの小冊子として
    制作したものなどのなかから、
    かんたんで、うんとおいしい
    55品の副菜レシピをあつめました。

    手持ちの食材が活用できるように、
    「あっさりおかず」「ごはん・パン・めん」
    「お酒のつまみ」「肉や魚のしっかりおかず」など、
    章だてはシチュエーションごと。
    巻末には、食材からひける索引もついています。
    たとえば、お肉がメインの日に、
    いつもとちがう感じのサラダを添えたい、というときや、
    箸やすめがほしいね、というときなど、
    メニューを考えるヒントにしていただけたらと思います。」

  • 身近にある材料、調味料で作ることができるという意味において、“リアル”な料理本。
    最近ではインスタ動画で簡単に作れるレシピが増えてきているからこそ、たまに見る本のレシピは良い。リング式でとっても見やすい!
    飾りすぎないのに、おしゃれで美味しいレシピここにあり!

  • 帯文:”かんたんで、うんとおいしい。” ”小さなおかず55品”

    もくじ:あっさりおかず、おかずサラダ、ごはん・パン・めん、おもち、お酒のつまみ、卵や野菜のしっかりおかず、箸やすめ、肉や魚のしっかりおかず、デザート、食材別さくいん

  • 飯島奈美さんのレシピは、一捻りした部分がわたしのツボで、作る前からワクワクします。
    明日は何を、食べよう!

  • 参考に。装丁がかわいい。

  • 小洒落過ぎた調味料とかも出てこないし、すぐに試せそうなレシピが多かった。彼女の他のレシピ本も見たいな(^^)

  • 装丁が可愛い。
    副菜の本なので飯島氏の本の中では、
    ちょっと地味かもしれません。

  • リングノート式レシピ。
    便利だけど、シリーズ通して同じ装丁がよかったな。

  • ちょこっと作っておいしく食べました。
    本だけど、ちょっといつもと違って身近な感じの装丁で、
    たのしくおいしく頂きました。

  • LIFEシリーズは開いておくのに苦労するので、その不便さを解消するためにこの本はリング式にしたそうなのですが、個人的にリング式は嫌いなので悲しい。
    使い続けていくと穴の部分が破れてしまいそう。

    でも、なんだかんだ言っても、飯島奈美さんの新しいレシピ本は嬉しいです。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

◎料理: 飯島奈美 (いいじま なみ)
フードスタイリスト。東京生まれ。テレビCMを中心に広告、雑誌、イベントなどで幅広く活躍。
2005年の映画『かもめ食堂』参加をきっかけに、映画やテレビドラマのフードスタイリングも
手がけるようになり、映画『海街diary』、ドラマ・映画『深夜食堂』、連続テレビ小説『ごちそうさん』、
ドラマ『カルテット』といった話題作を担当。
著書に『LIFE』(東京糸井重里事務所)、『セカイのきんぴら』(朝日新聞出版)、
『飯島風』(マガジンハウス)、『あしたのお弁当』(主婦と生活社)、『深夜食堂の料理帖』(共著・小学館)、
『おいしい世界の台所』(リトルモア)、『今日も食べたいごはん』(ぴあ)などがある。
最新刊は『LIFE 副菜2 もうひと皿!』(ほぼ日)。

「2017年 『ワインがおいしいフレンチごはん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯島奈美の作品

LIFE 副菜 おかず、おかわり! (Hobonichi books)を本棚に登録しているひと

ツイートする