言語理論と言語論 - ことばに埋め込まれているもの

著者 :
  • くろしお出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865041644

著者プロフィール

1935年、広島県生まれ。1958年、神戸市外国語大学英米学科卒業。1975年、ロンドン大学留学。現在、立命館大学名誉教授。 主な著書: 『依存文法の研究』(1987年、研究社出版)、『語順の普遍性』(1987年、山口書店)、『言語のしくみ-意味と形の統合-』(1991年、大修館書店)、『ことばと人間と社会と』(共編著、1996年、京都修学社)、『スーパー・アンカー英和辞典』(共監修、1997年、学習研究社)、『言語理論と言語論-ことばに埋め込まれているもの-』(1998年、くろしお出版)、『意味論の対象と方法』(2002年、くろしお出版)、『意味分析の新展開-ことばのひろがりに応える-』(2004年、開拓社)、『ヒト・ことば・社会』(2006年、開拓社)、『ことばと論理』(2008年、開拓社)、『いまあえてことば・言語分析・言語理論のあり方を問う』(2010年、開拓社)、など。

「2013年 『ことばと意味』 で使われていた紹介文から引用しています。」

児玉徳美の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×