• Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865060553

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おやつ。
    うちの家族がみんな大好きな響き。
    やんちゃ盛りのひとり息子のワンちゃんまで、しっぽをぶるぶる振りまくる。

    この本。
    たくさんの作家さんたちのおやつの思い出が詰まってる。
    なんだか思い出の中の先生方は、お隣のお兄ちゃん、お姉ちゃん。近所のおっちゃん、おばちゃんみたいで(失礼!)とっても身近に感じて、すっごく共感。

    楽しい思い出、甘酸っぱい思い出。ちょっぴりセンチメタルな思い出。。。
    おやつには、思い出がよく似合う。

    岡本真菜子さんの撮り下ろし写真がとっても素敵で、
    じつは写真に一目惚れ本なのです。

  • このシリーズ、写真が毎回素敵なのですが、
    岡本真菜子さんの写真がとても好き。
    光の感じや、普段のおうちのおやつといったシーンが
    とても懐かしくて。

    夜、寝る前に少しずつ読んで、
    明日は何食べようかなあと考えながら
    眠りにつくという幸せ。
    お題がおやつなもので、より幸福感が増しました。

  • 日本を代表する作家たちによる「おやつ」にまつわるエッセイ集。幼いころの思い出のおやつ、こだわりのおやつなどなど、42篇。

    「アンソロジーお弁当」「アンソロジーカレーライス」と読んできたが、本書が一番読むのに時間がかかったかもしれない。というのも、いくら甘党でも甘いものを食べすぎると辛くなってくるように、“甘いものを読み過ぎてちょっともう読み進められない”状態にしばしば陥っていたためである。甘いものに目がない私はうきうきしながら本を手に取ったものの、“好きなものでもほどほどの量が一番おいしく味わえる ”ということを思い出した。

    文豪と言われるような方のエッセイが多く、さらにそのような方の子供時代のおやつの話ばかりが載っていて、私には馴染みのない時代ばかりで共感しにくいところもあった。「スイーツ」ではなく「おやつ」なのだ。前者は現代の若い女性が好みそうな、キラキラしてかわいくて甘く、ショーケースの中に並んでいるイメージだが、後者は主に子供が食事と食事の間をもたせるために口にするもので、家庭的で素朴なイメージであり、必ずしも甘いとは限らない。私のおやつのイメージはどちらかと言うと「スイーツ」で、ビスケット、ドロップ、カルメ焼き、羊羹、団子、煎餅とはほど遠い。だから共感しづらい話もあったが、「おやつ」を前にしてうきうきする気持ちはきっと同じだと思う。

  • バラバラに並んでいると思いきや。
    けっこう品目別にまとまっているんだな。

    明治、大正の頃のおやつというのは想像もつかなかったので
    古川緑波さんとか森茉莉さんとかの文章は興味深かった。
    戦前の方が洋菓子は美味しかったのかも、なんて思ったりして。

    品目としては最後にまとめて掲載されてたチョコレートの話は
    語る人たちの熱量がハンパなくて面白かった。
    やっぱりチョコレートは魔性だよなぁ。

  • あーパイシュウー食べたくなった!

    そうだBOURBON!昨日も買ったBaumRoll今食べながら
    投稿!

  • いろいろな人が書いたおやつについての文章を集めた1冊。
    かなり前の人から現在活躍中の人まで、自分のおやつについての思いや思い出を書いています。これを読んでいると、本の中に出てくるおやつが食べたくなって困ります。特に村上春樹のドーナッツの話は危険です。
    また、自分の子供時代をおやつの甘さとともに懐かしく思い起こさせる文章もたくさんあります。
    楽しくもあり、またダイエット中の人には要注意でもある本です。

  • 甘いものが欲しくなる。このシリーズ、まだまだ出してほしい。

  • なんと豪華な!
    向田邦子さんにゲラゲラ笑い、久住昌之さんにおいおい泣かされ、種村季弘にぞっと肝を冷やし、江國香織さんにこりゃ行くなとニヤリと同意し心の中で背中を押し、三浦哲郎さんに我が家にも送ってくださいと懇願し、阿部艶子さんの代わりにちょっと待っておくんなましと一言申し、村上春樹さんに洒落たなドーナツの食べ方よ!と突っ込んだ。
    あーおなかいっぱい。

  • ずっと気になっていたアンソロジーシリーズの一つをやっと読了。
    明治生まれの作家から、現在活躍している作家まで、さまざまな作家の「おやつ」にまつわるエッセイが収録されています。

    昔の仮名遣いもそのままに掲載されていて、少々読みにくく感じる作品もあるのですが、当時の息遣いが感じられて読んでいるとうれしくなってきます。

    最後に掲載されている作品のインパクトが大きくて、あまり読後感がよくなかったのが残念でしたが、作家さんが書く食べ物の話は、それぞれのキャラクターが特に出ている気がして読んでいておもしろいです。

    ◇特に好きな収録エッセイ
     ・森村桂「アップルパイのパイ」
     ・荒川洋治「クリームドーナツ」
     ・江國香織「静岡まで、ようかんを」
     ・藤森照信「甘栗」
     ・獅子文六「本町の今川焼」
     ・開高健「ベルギーへいったら女よりショコラだ」

    ◇こんな方におすすめ!
     ・エッセイが好き
     ・いろんな作家さんの作品を読みたい
     ・おやつが好き

  • 友達に勧めてもらった本。
    作家さんたちと距離が近くなれる気がした。すき。

全69件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

阿川佐和子

1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞、08年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年、『聞く力――心をひらく35のヒント』が年間ベストセラー第1位、ミリオンセラーとなった。14年、第62回菊池寛賞を受賞。

「2019年 『いい女、ふだんブッ散らかしており』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子の作品

ツイートする