• Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865060553

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「おやつ」をテーマに、様々な作家のエッセイを集めた本。

    名前だけは知っている作家や現代の作家、全く知らない昔の作家の作品が集められていて、多数の作家の作品が読めるというところがよかった。

    こんな昔からこんな「おやつ」を食べていたんだという発見があったり、自分自身も「おやつ」と聞けば甘いイメージがあるが、集められた作品も、せんべいなどの塩味(辛み)より、チョコレートやキャラメルのような甘味の「おやつ」について書かれている作品が多いなと感じた。また、小さい頃に食べていた「おやつ」の印象が大人になってからも強く残るんだなとも感じた。

    特に印象に残った作品
    『アップルパイのパイ』森村桂
    自分も子供時代に同じ体験をしていたら、作者と同じようにドキドキしてしまっただろうなと思った。

    『おはぎと兵隊』久住昌之
    戦争に行ったオジサンの話。おはぎを食べ続けた姿が切ない。

    『チョコレート』内館牧子
    バレンタインの話だが、思わず笑ってしまった。

    図書館スタッフ(東生駒):あおむし

  • あたしが大好きなおやつといえば
    やっぱりチョコレート。
    でも、お団子や羊羹、
    シュークリームも大好き。
    おやつ食ーべよっ。

  • お馴染みのおやつから、高級おやつまで様々なおやつエッセイの共演\(^o^)/食べたことの無いおやつは食べてみたくなり、懐かしいおやつも食べたくなり、読んでいて大変(^o^;)楽しいおやつの話が多い中、久住昌之さんの「おはぎと兵隊」は切なくて心に残った(T-T)因みに今日の私のおやつはポンデリング(貰い物♪)でした(^^)

  • お菓子、じゃなくてスイーツ、でもなくて、おやつ。

    そこには実際以上のすてきなイメージが宿っている。

  • アンソロジーシリーズで私の大好きなおやつが出てきました。いろいろな作家さんのおやつは懐かしいものから
    現代のものまで様々。ショートケーキのがあったのが
    よかったです。

  • 新旧問わず、バラエティに富んだおやつの想い出が描かれていて
    それはもう想像力を掻き立てられます
    ところどころ挿し込まれた写真は、
    きっちり「おやつ」です。スイーツでなく。

  • いろいろな著名人(主に作家さん)が、
    エッセイなり何らかの媒体で発表した、
    おやつに関してのお話をまとめてある本。

    なかなか興味深し。

  • 絢爛たるおやつ随筆。シュークリームに始まりショコラに終わる。
    美味しい珈琲片手に。

  • 甘いもの、辛いもの・・・思い出のシュークリームから故郷のせんべいの耳、高級チョコレートへの思いまで、作家がそれぞれ「おやつ」もしくは「おかし」について語ったエッセイがおさめられている。
    現在も活躍されている作家の名前もちらほらあるけれど、鬼籍に入ってしまった一時代前の作家の文章も多く、そしてそちらのほうが面白い。
    おやつ、についての位置づけが物がなかった時代だけに燦然とした輝きと地位を持っていて、圧倒される。
    今の自分にここまで思い入れのあるおやつの記憶があるかなぁと思うとなかなか思い至らない。
    他人の食べ物の話ってなんでだか面白いんだよなぁ。

  • 甘い食べモノを巡るエッセイ集。
    記憶までもが(この装丁のように)ノスタルジックで甘いモノですね。遠い昔のおやつの思い出、甘い懐かしいカケラを集めたお話には、ぜひ、お供にシュウクリイムを。
    絶対欲しくなるから!

全69件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

阿川佐和子

1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞、08年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年、『聞く力――心をひらく35のヒント』が年間ベストセラー第1位、ミリオンセラーとなった。14年、第62回菊池寛賞を受賞。

「2019年 『いい女、ふだんブッ散らかしており』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子の作品

ツイートする