• Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865060553

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しく読んだ。
    あまり裕福じゃなかったうちの、
    夏のおやつは冷やしたトマトを切って
    砂糖かけたやつ。
    冷たくて甘くて、でもおばあちゃんのトマトだから
    もう食べられないな。
    あとはおばあちゃんが買ってくれた大福みたいな
    形の風船ガム。
    お母さんが昼寝してる間にこっそり食べた
    ゼリービーンズ。
    なんだか涙が出てきます。

  • 日本を代表する作家たちによる「おやつ」にまつわるエッセイ集。幼いころの思い出のおやつ、こだわりのおやつなどなど、42篇。

    「アンソロジーお弁当」「アンソロジーカレーライス」と読んできたが、本書が一番読むのに時間がかかったかもしれない。というのも、いくら甘党でも甘いものを食べすぎると辛くなってくるように、“甘いものを読み過ぎてちょっともう読み進められない”状態にしばしば陥っていたためである。甘いものに目がない私はうきうきしながら本を手に取ったものの、“好きなものでもほどほどの量が一番おいしく味わえる ”ということを思い出した。

    文豪と言われるような方のエッセイが多く、さらにそのような方の子供時代のおやつの話ばかりが載っていて、私には馴染みのない時代ばかりで共感しにくいところもあった。「スイーツ」ではなく「おやつ」なのだ。前者は現代の若い女性が好みそうな、キラキラしてかわいくて甘く、ショーケースの中に並んでいるイメージだが、後者は主に子供が食事と食事の間をもたせるために口にするもので、家庭的で素朴なイメージであり、必ずしも甘いとは限らない。私のおやつのイメージはどちらかと言うと「スイーツ」で、ビスケット、ドロップ、カルメ焼き、羊羹、団子、煎餅とはほど遠い。だから共感しづらい話もあったが、「おやつ」を前にしてうきうきする気持ちはきっと同じだと思う。

  • 気になる作家さんたちの
    「おやつ」にちなんだエッセイ。

    とてもおいしそうで
    興味深く読んだ。

    が、読み進めると
    食べ物の話は、
    その人の話としては
    「入り口」ではないかと
    思えてきて
    もっと深い話が読みたくなった。

  • 文体が古いものが多く、読みづらかった

  • おやつをモチーフにしたショートストーリーかと思ったら、エッセイだった。しかもそんなに面白いエピソードではないというか、特にひねりがなくて、あっても無理やりな感じ。昔の人だと、僕の時代のおやつはこうだった…みたいな話で、特に楽しくない。

  • おやつについての思い出

  • 子供のころの思い出話が多いねやっぱり
    ところどころに挿入される写真がどれも美味しそうじゃないんだよないまどきの写真なのはわかるんだけど
    文章たちとまるで合っていない

著者プロフィール

阿川佐和子

1953年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。99年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で第15回坪田譲治文学賞、08年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年、『聞く力――心をひらく35のヒント』が年間ベストセラー第1位、ミリオンセラーとなった。14年、第62回菊池寛賞を受賞。

「2019年 『いい女、ふだんブッ散らかしており』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子の作品

ツイートする