作品紹介・あらすじ

BEERS of All Time!!飲まずにいられるか?!喉が鳴る鳴る41篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。

    書き手も様々なら、内容も様々。
    うまいビールを飲んだ時の思い出。
    ビールに合うおつまみについて。
    ビールの本場とも言えるドイツやチェコのビールの、日本のそれとの違い。
    泡にまつわる雑学。
    赤塚不二夫氏なんて、バカボンの漫画だったり。

    同じ題材で、全く違う、ビールにまつわるお話がずらりと並んでいて、楽しめます。

    個人的には、エッセイストの平松洋子さんの出張先で訪れた居酒屋での飲みっぷりのいい描写と、小説家の遠藤周作さんの尿意問題をコミカルに描いた作品が好き。
    酒好きにはわかりすぎて…。

    毎日、2、3編づつ、ちびりちびりと読んだ私はといえば、ビール大好きなのに、3月上旬というまだまだ夜は寒い時期に読み始めたせいで、最初の頃は焼酎のお湯割りを片手に読書。
    四月になってようやく読み終わる頃には、気温もすっかり高くなって、ビール片手に読むことができたけど。
    ビールが一番美味しい真夏に、エアコンがんがん効かせた部屋でビールを煽りながら読みたかった…。

    本と酒のコラボを心ゆくまで楽しむなら、時期を選んで読むのがオススメの作品集です。

  • シリーズ第四弾。なんたってビールである。「グビグビ、プハーッ!」というヨロコビに満ちている。いろいろ蘊蓄はあろうが、私は絶対「ビールは冷たいほど良い」派だ。意外にそういう人が多く(そうでないのはなかったような…)、そうだよね!と意を強くする。あと、椎名誠さんが「家で飲むビールのランクはこのスーパープレミアムと、ヱビスとブラウマイスターが黄金の御三家で」と書いていて、おお、隊長と好みが同じじゃん!と嬉しくなった。

    心楽しいものがほとんどなのだが、吉田直哉さんの「ネパールのビール」はちょっと異色だ。ビールを買うには何時間も徒歩で行く必要のある僻地にいたとき、お使いを買って出てくれた現地の少年の思い出が語られていて、これが切なく、ホロッとした。

  • 一流作家陣によるビールにまつわるエッセイ。中には赤塚不二夫の漫画もあるし、物故作家の作品も結構ある。おっと思わせる異色の作家が並んでいたりする。それぞれの作家のビールへの個性的すぎるこだわり、愛着、主義が興を漂わす。笑わせてくれる。個人的には北大路公子が好き。ここでもいつもと変わりなくスパークしている。一番光っていた。阿川佐和子氏のとりあえずが「まず最初に」。これに対して北大路氏は「義務」。そして「ひっひっひっ切るかい」。などと言っている。なかなか意味不明。気味悪きこと青天井である。ビールの季節を前に思いっきり舌を唸らせてもらった。

  • 私はビールは飲めないので、
    乾杯っ!!!
    は、ひとりCOFFEEにて。

    賑やかな酒席のいちばんはしっこの席で
    (そうか、そうか。
     仕事終わりにね、
     旅のお供にね、
     美味しいビールの銘柄ね。)
     盛り上がり続ける酒豪さん達のお話に
     なんとな~く耳を傾けていたのだが。
     
    星新一さんの話にはおっ?と、思わず身を乗り出してしまった。
    ある日、ビールの製造工場へと見学に来た星さん。

    同級生である工場長の説明に、
    率直な疑問をどんどん投げかけ続ける。
    わからないことや
    納得いかないことをお座成りにはしない性格なんだなぁ。

    星さんの思考はビールを置き去りに
    どんどんどんどん先へ進み、
    一周回ってCOFFEEへ戻ってきた?(笑

    フト、今手にしているCOFFEEに視線を落とし、
    (これ、私いつから美味しいと思って飲むようになったんだっけ?)
    いつの間にか、星さんワールドへの突入を余儀なくされていたのであった。

  • 夏の風物詩ってトコロでしょうか?

    パルコのPR
    「アンソロジーシリーズ第4弾

    「食」をテーマに編んだアンソロジーシリーズも、おかげさまで、カレーライス、お弁当、おやつに続く第四弾となりました。
    今回は、趣きをガラリと変えて「ビール」をお届けします。暑い夏を迎える季節にグイッと一杯。名文家たちの「ビール」について熱い思いを飲み干してください。 」

  • 美味しいもののエッセイ、大好きなシリーズです。
    下戸なのでビールも苦手なのですが、お酒飲めるのはやっぱり楽しそうだなぁと思いました。
    妹尾河童流のビールの注ぎ方をお二方が書いてらっしゃって、そんなにすごいのか…と、誰かに言いたくなりました。
    「泡はビールなりや否や事件」はちょっと笑ってしまいました。裁判て。
    星新一さんのもらしかったです。疑問に次ぐ疑問…ホップって、何故入れるのですか?
    泣けたのは「ネパールのビール」。映画みたい。
    大好きな長田弘さんのエッセイで締めくくられてたのも良かったです。

    下戸なわたしが最近感動したビールは、発泡酒なのですが、薩摩酒造の薩摩GOLD。
    飲んだときは確かにビールなのですが、後味が全く苦くなくてあれはすごかった……REDとBLACKも気になります。

  • ビールについてのアンソロジーです。
    内田百閒さんの文章に、立派な食堂で、「お飲み物はお一人につき麦酒又はサイダーのどちらか一本ずつと云う事になっている」と支配人に言われ、追加のビールを出してもらえなかったとありました。
    昔はそういうこともあったんでしょうか?

  • 飲まずにいられるか!?東海林さだお、川上弘美、
    阿川佐和子らのエッセイから、赤塚不二夫の漫画
    「天才バカボン」まで、喉が鳴る鳴る41篇を
    収録した、ビールにまつわるアンソロジー。

  • 古今東西ビールにまつわるエッセイで、作家さんごとにビールへのこだわりがそれぞれ違うのが興味深い。

  • 下戸だけれども ビールが飲みたくなった。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1937年東京都生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田大学露文科中退。70年『タンマ君』『新漫画文学全集』で文藝春秋漫画賞、95年『ブタの丸かじり』で講談社エッセイ賞、97年菊池寛賞受賞。2000年紫綬褒章受章。01年『アサッテ君』で日本漫画家協会賞大賞受賞。11年旭日小綬章受章

「2019年 『ヒマつぶしの作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東海林さだおの作品

アンソロジー ビールを本棚に登録しているひと

ツイートする