ラストデイズ 忌野清志郎 太田光と巡るCOVERSの日々

  • パルコ
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865061291

作品紹介・あらすじ

RCサクセションの「COVERS」はなぜ、問題作となったのか?忌野清志郎の表現の源を、爆笑問題・太田光が読み解く。NHKで放送された「ラストデイズ」待望の書籍化。番組では惜しくも収録しきれなかった太田光とCHABO、泉谷しげるとのロングインタビューを収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初は図書館のオススメコーナーにおいてあったことがきっかけ。期待しないで読みましたが、内容は非常によかった。RCを好きな太田光が、RCの問題作「covers」を何故清志郎が作ったのかを、当時の方へのインタビューを通じて紐解いていく。それは彼の思想、当時の時代背景、家族のことなど想像以上のことばかり。RCはじめ、清志郎のことはそんなに知らなかったのですが改めて聞きたくなった一冊。そして太田光の完成の素晴らしさに改めて気づく。彼自身の本は意味がわからないのに、他人に対する見解はとても優れていると思う。

  • 爆笑問題の太田光さんが、ファンだという忌野清志郎の高校の同級生や、泉谷しげる、CHABOさんなどゆかりの人をたずね話を聞いた本。
    話の中心はCOVERSを発売中止となったことろ話が中心。
    表現者として、なぜあれほどの比喩やダブルミーンを織り交ぜて名曲を作れる人が、直接的な表現をしたのか、そしてなぜ発売中止となったのにはどんな背景があったのか。それぞれ時間がたち、時代が流れ、みんなが客観的に当時を振り返る事が出来るようになり、当時を振り返っている。
    しかし、最終的には発売中止に至った原因はわからなかった。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする