運命を知る

著者 :
  • パルコ
3.21
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 56
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865062465

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020年に出た江原さんの本を読んで、再度江原さんの本にハマりほぼ片っ端から読むことに。

    大我 相手のためを思う気持ち。無償の愛。利他愛。 
    小我 自分を優先する利己的な気持ち。

    「今日は飲みに行かない?」はチャンス。
    2,3回行き、これ以上は時間の無駄と思うなら行かなければおっけ

    家計や家族は魂の学校。

    パワーバランスの意識を持つ
    人生がうまく言ってるなと感じるときは要注意。
    何かあるかもしれないと心構えしておく。
    そう心構えしておけば、一喜一憂しないですむ

    日常生活の様々な場面で、訓練。
    いざというときに良質な運がきても逃す。

    あなたの恐れの正体  ここはすごくよかった
    手術、入院が必要で病院に行けない。
    だから頑張ってお金を貯める。
    少しでも無駄遣いせずに、銀行に1万円づつでも毎月。
    とにかく具体的な対策を建てる。保険に入るなど。

    病と縁の切れない家系
    前世で言えば、病とは無縁というほどに体力があった場合がある。
    気遣いができなかったゆえに、今世では病と向き合う人生を選んで、その気持ちを知るという学びをしているかも。
    病と縁の切れない家系では、いたわり、寄り添い、助け合いという学びがある。
    生きていることの感謝も。

  • 「運ぶ運」と「運ばれる運」というのはなるほどでした。

    それにしても「運ぶ」と「運」という字が同じというのも面白いですね。

    運ぶにしろ運ばれるにしろ運というのはきっと「動く」ものなんでしょうね。

  • ん〜前世、あるんでしょうか?
    あるとしたらなぜ修行を積む必要があるのかな?

  • 20181130

    周囲で色々な揉め事があって図書館から
    借りてみた その①本

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

スピリチュアリスト、オペラ歌手。日本スピリチュアリズム協会代表理事。吉備国際大学、九州保健福祉大学客員教授。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。著書に『スピリチュアル プチお祓いブック』『あなたの毎日を救う ことたまオーラカード』『人生を変える7つの秘儀』(ともにマガジンハウス)、『厄祓いの極意』(中央公論新社)、『運命を知る』(PARCO出版)、『スピリチュアル・リナーシェ 祈るように生きる』(三笠書房)、『あなたが輝くオーラ旅 33の法則』(小学館)、『聖なるみちびき イエスからの言霊』(講談社)、『江原さん、こんなしんどい世の中で生きていくにはどうしたらいいですか?』(祥伝社)『あなたが危ない!──不幸から逃げろ!』(ホーム社)など、共著に『たましいを癒す お祓いフィトセラピー』(マガジンハウス)がある。

「2019年 『極・お祓い箱』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江原啓之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×