ボクらしく。 (myway mook)

著者 :
  • マイウェイ出版
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865113976

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大島薫のフォトエッセイ。
    LGBTへの理解ばかりは叫ばれるが、その枠組みに縛り付ける愚が、大島薫の言葉から気づかされる。
    あくまでも個人の多様性を見つめていきたい

  • 著者は26歳の男性。女装した姿でAV女優として働いていた。女装はするが、身体は少年のまま。決して性転換は望まない。「一見カワイイ女の子、でも脱いだらちゃんと男の子」が理想だと語る。
     AV業界では「女装男子」「男(おとこ)の娘(こ)」とよばれるジャンルの作品に出演し、男性同性愛者向けの作品にも出演経験がある。
     性的指向は「バイセクシャル」で、性自認は「男性」だという。ただ、「カワイイ」という評価を重視していて、副題にも「カワイイ男子の自分づくり」とある。
     さて、LGBT、セクシュアル・マイノリティを細分化して名付ける技術は発達している。この著者にも適切な一語があるのかもしれない。しかし、この赤裸々な自叙伝は、そんな分類・体系からもっと自由に生きたいと訴えている。実は、多数派にも同じ願いがあるのではないか。人それぞれ、少しずつ違うのだから、きっとこの願いは共有可能だ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

体には一切メスをいれず、女装男子として過去AVに出演。一時期、ホリエモンとの交際が文春に抜かれ時の人に。ホリエモンを嫉妬する男性があまりにも多かったため、メスイキ嫉妬民、という言葉も生まれた。最近、様々な場所で活躍が見られる新しいジェンダーの語り手としても期待されている。

「2018年 『男性ですが『例のニット』を着てみました カリスマ「男の娘」が教える最強の恋愛指南』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島薫の作品

ツイートする