マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド

  • 法研
4.00
  • (6)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865132137

作品紹介・あらすじ

忘れっぽい、集中力が続かない、意欲がない、落ちつきがない、衝動的...、
<br/>といったADHDやADHDの特徴に悩む人は大勢います。
<br/>本書はADHDの特性を持つ人のために、生活をコントロールして、トラブルを回避するための実践的なコツ、アドバイスを、豊富な臨床経験を持つ医師による解説と豊富なマンガで紹介します。日米の医療機関での研究や、実際のADHD患者が行って効果のあった取り組みから、考え方やヒントが得られます。
<br/>マンガを多用しているので厚い本を読むのは苦手...という人でも気軽に読むことができます。
<br/>またADHDは人それぞれです。豊富な事例を読むことで自分なりのコントロール法を見出せます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マンガがはさまり、文章もわかりやすく読みやすく、とても親切な本です。
    工夫、改善の方法も、具体的でした。

    私がADHDではない、というだけで星が4つ。
    内容オススメ度は、まちがいなく星5つです。
    オヌヌメです。

  • よくまとまっていて良いと思いました。

  • ADHDの人がその特性をカバーしつつ、困難を覚えることなく日常生活を送るためのガイドを簡単に解説。各人の症状ごとに、何に気をつけるべきか、それをどう日常生活に組み込んでいくかをアドバイス。
    自分自分はADHDではないけど(正確には ADHDかどうか知らない)、落ち着きがなく集中できない、物覚えが悪くすぐに忘れる、スケジュールが立てられず段取りが悪い、整理が苦手でものが片付けられない、カッとなりやすく喧嘩っ早い、といったあたりは子供のころから今でもしょっちゅう怒られているのでかなり参考になった。

  • 病院でADHDの可能性があると言われて、オススメを調べた中で最も読みやすそうな本を購入。

    間に漫画も入っていて読みやすい。

    全くそのままな自分が本の中にいて驚いた。

    どうするのが良いとかではなく、ADHDを理解するのにはとても取っ掛かりやすい本だと思う。

  • 下の方に同じく、☆4つです。
    自称ADHDですが、まだ診断は受けていません。

    本はかなり読みましたが、好き嫌いがあって、司馬先生のはADHDに対しての愛を感じられなくって読むのが辛かった。

    桜井先生のはかなり好意的に書いてくださっていて、これまで一番の心の支えでした。

    で、こちらの福西先生の本はそれに続く好著で、ADHDは脳の特性であるということと、治らないけれども工夫で生き辛さが改善できるということ、自分では気づき難い(またはこんなものだと高をくくって見過ごしていた)本当はいけないことについてこんな風に見られているよと気付きを促してくれる、などなど・・・親切に書かれていると思った。
    ADHDの良いところについても書かれていたことが、とてもうれしい

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

精神科医。南青山アンティーク通りクリニック院長。
徳島大学医学部卒、医学博士。医療法人社団真貴志会・南青山アンティーク通りクリニック院長。精神科医として、成人期ADHD、ASDを始め幅広く心の病に対応している。2000年から現在までにマサチューセッツ総合病院の客員教授として9回招聘されている。2007年には南イリノイ大学の客員教授として招聘されている。著書多数。

「2018年 『マンガでわかる 発達障害 特性&個性 発見ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マンガでわかる大人のADHDコントロールガイドのその他の作品

福西勇夫の作品

ツイートする