ボケない暮らし 30ヵ条

著者 :
  • 法研
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865132717

作品紹介・あらすじ

認知症に先手を打つ!30のヒント
<br/>
<br/>従来認知症の治療は、かなり進行した段階での問題行動を抑えることが中心でしたが、最近では認知症が進行する前の軽度認知障害(MCI)の段階で発見し、進行を予防することが重要視されています。
<br/>本書は、認知症の研究者で専門医である著者が、MCIに思い当たる人、将来の認知症が気になる人に向けて、医学的エビデンスに基づき、日常生活で簡単に行える予防方法を紹介します。いつまでも元気に自分らしく暮らしていくための役立つ生活処方が満載です。
<br/>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2階書架 WT155/ASA : 3410160245

  • 図書館で借りた本。親が物忘れが酷くなってきたので対策として読んだ。バランス良い食生活や朗らかな家族との関係、適度な運動、新しい事への興味など年老いても続けていく事が予防なんだと思ったかな。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京医科歯科大学脳統合機能研究センター認知症研究部門 特任教授。メモリークリニックお茶の水 院長。筑波大学名誉教授。1955年生まれ。1982年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学神経科、山梨医科大学精神神経科、国立精神・神経センター武蔵病院などを経て、2001年、筑波大学臨床医学系(現医学医療系臨床医学域)精神医学教授、2014年7月、東京医科歯科大学医学部特任教授。数々の認知症実態調査にかかわり、認知症発症前の軽度認知障害のうちに、治療・予防を始めることを強く推奨。筑波大学附属病院では、軽度認知障害のためのデイケアプログラムを実施するなど、認知症対策の第一線で活躍中。

朝田隆の作品

ツイートする