ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ

制作 : 木澤佐登志 
  • 左右社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 179
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865280548

作品紹介・あらすじ

5つの顔を駆使し、12の過激主義組織に潜入した女性研究者
カリスマ白人至上主義インフルエンサー
愛国主義者専用の出会い系アプリ
ハマったら最後、Qアノンの陰謀論
ISISのハッカー集団による初心者講座
反フェミニスト女性のチャットルーム
ネオナチのロックフェスティバル

過激主義者はどうやって「普通の人びと」を取り込むのか?
白人至上主義、ミソジニー、移民排斥……差別的で攻撃的なイデオロギーを掲げる組織は、オンラインプラットフォームを駆使して、周縁のムーブメントをメインストリームへと押し上げる。
オンラインで始まった憎悪が、次第に現実世界へと移行していく様子をとらえた、緊迫のノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【新刊】5つの顔を持って12の過激主義組織に潜入した女性研究者による緊迫のルポ、『ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ』本日より発売開始!|株式会社左右社のプレスリリース
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000052594.html

    Going Dark by Julia Ebner
    https://goingdark.shortstack.com/xMrHhh

    ゴーイング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ | 左右社
    https://bit.ly/3sv2VWk

  • 日経新聞2022226掲載 日本経済新聞
    朝日新聞202235掲載 評者:生井英考(立教大学アメリカ研究所所員)

  • うーむ…。
    著者の主題をこちらが誤解していたのは、「アマゾンの倉庫で倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した」(ジェームズ・ブラッドワース)と同じ。違うのは、ヤバい団体に敵情視察的(あるいは出歯亀的)興味を抱いた向きにとって、それらへのテクニカルな対抗方法の解説というのは、いまいち難しいうえ面白くないという点である。なんというか…藤井聡太の伝記を手に取ってみたら、彼の棋譜のすごさを長々技術的に詳説された、みたいな。

    意義がないとは言わない、どころか大ありだと思うけど、私の意図には沿ってなかった。
    てか、付け焼き刃でググっただけでターゲットに会うとか、潜入するのに本名のクレジットカードを持って行くとか、「事実は小説より奇なり」どころか凄腕潜入者ピート・ホフマンならありえない雑さなんですけど(汗)…現実世界では、こんなに安直に潜入ってできちゃうもんなんでしょーか?

    2022/1/30〜1/31読了

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1991年ウィーン生まれ。戦略対話研究所(ISD)上席主任研究官。オンラインの過激主義、偽情報、ヘイトスピーチなどを研究対象とする。研究結果をもとに、国際連合、北大西洋条約機構、世界銀行ほか数々の政府機関や諜報機関に対してアドバイスを行っている。「ガーディアン」「インディペンデント」などに寄稿。著書『The Rage: The Vicious Circle of Islamist and Far-Right Extremism』(I.B.Tauris & Co Ltd、2018年、未邦訳)で、「シュピーゲル」のベストセラー、2018年ブルーノ・クライスキー賞を受賞。

「2021年 『ゴーイング・ダーク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ユリア・エブナーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×