夢の夜から 口笛の朝まで

著者 :
  • 左右社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281149

作品紹介・あらすじ

「渡らず橋」と呼ばれる一本の古い吊り橋。父と子の葛藤、兄妹の運命。過去に幸福の記憶はなく、未来に希望を見つけられない人たち。圧倒的な文体で、人生の救済を描く、丸山健二渾身の書き下ろし最新小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結末で現世に多大な関心を寄せるに至る「渡らず橋」が著者の理想とする小説家の姿と一致している。小説をものする人間ならこうやって世界を観察せよとのメッセージがちりばめられている。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

丸山 健二(まるやま けんじ)
1943年長野県生まれ。1964年国立仙台電波高等学校卒。
1966年に第23回文学界新人賞を受賞した小説「夏の流れ」が、1967年に第56回芥川龍之介賞を受賞。23歳0カ月での芥川賞最年少受賞記録は2004年に19歳の綿矢りさが受賞するまで破られなかった。男性作家としては最年少受賞者。
1973年に「雨のドラゴン」が第9回谷崎潤一郎賞候補作、1976年に「火山の歌」が第12回谷崎潤一郎賞候補作、1987年に「月に泣く」が第14回川端康成文学賞候補作となる。しかし全て受賞を辞退。
2013年、丸山健二文学賞創設。2015年丸山健二塾を開始。長野県安曇野に移住し、文壇と一線を画した独自の創作活動を続けている。

丸山健二の作品

夢の夜から 口笛の朝までを本棚に登録しているひと

ツイートする