• Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281538

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2016/12/1取りやめ)
    西加奈子さんが入っていたので借りた本。
    夏目漱石や島崎藤村も収録されて、年代の幅がかなりある。旧仮名文字も使われて、言いまわしもその当時のままで、序盤を読んで私にはちょっと無理と感じたので、気になる作家さんのだけ読んで、やめました。
    文学が好きな人(読書がではなく)にはたまらないんだろうなぁ。
    ちなみに、私が読んだのは、
    序盤の、白川静、田山花袋、夏目漱石、島崎藤村、泉鏡花…ここで挫折
    ここからは、気になる作家さんで、
    江戸川乱歩、藤子不二雄A(漫画)、浅田次郎、泉麻人、吉本ばなな、西加奈子、手塚治虫、村上春樹


    (内容)
    作家としめきり、悶絶と歓喜の94篇!

  • 『一番面白いのは表紙』

    〆切本、私の好きな作家が一同に会していたので、珍しく単行本を購入。期待はずれと言うほどでもないけれど、アンソロジーにありがちの物足りなさというか、コレジャナイ感が否めない。とまぁ、ここで感想を終わりにしたらなんとなく私の理解が足りないだけではないか(実際8割は私の理解は足りてないのだけど)と思われそうなので、少しだけこの本がもっと面白くなる読み方を提案しておく。

    まず、このエッセイは〆切本とあるが、表紙や裏表紙にあるような〆切に切羽詰まって死にそうな作家の話ばかりではないと言うことを事前に知っておく。そして、前後のないエッセイの総まとめなので、起こっていることよりも作者が感じていることに着目して読む。そして、最後に一番大事なことは一気に読み進めないこと。

    一気に読み進めると、薄いカルピスを大量に飲まされているような気になってくる。人の全く異なった主観を大量に同時にインプットすると、一体誰がなにを考えて、どうなったのか全く理解できなくなってくる。で、結果なにが面白いのかわからなくなる。

    とここでふとこの本の編集者はいいなぁと思った。なんせ、オール引用本(私の認識が正しければ)だから、〆切を破った作家がいない。

    最後に個人的に思ったのは〆切はどこか美学の匂いがする。

  • 古今東西、さまざまな人気作家たちの〆切にまつわるエッセイをまとめたもの。
    さすがに最近は余り見なくなったが、学校の試験の前日なのに勉強が全く準備できておらず、絶望的な気分になるという夢を以前は(大学を卒業してからも)頻繁に見た。
    さてじゃあ実際はどうだったのかというと、準備していたときもあれば、ほとんどぶっつけ本番だったときもある。
    この本にも〆切に対する作家のさまざまなスタンスが書かれていて、村上春樹や森博嗣のように律儀に〆切を守る作家もいれば、〆切なんて破ってナンボと思っている人間も、そして〆切に間に合わず嘘をついたりなんだりと様々な策を弄するものたちの話が書かれている。
    仮に自分が作家になったとしたらどうなるだろうか。小心者の自分だから、律儀に守る気もするけれど、どうしても書けず嘘をついている自分の姿も目に浮かぶ。そんな妄想の捗る本だった。

  • 日々、〆切に追われて生活している作家たちだが、それぞれ〆切への捉え方が異なっている。そこが面白い。
    焦りや悲鳴、諦めや開き直り、場合によっては人生観との結びつきなど、追い詰められた状況だからこそ、その人の精神が表れるように感じる。
    個人的には内田百閒と赤瀬川原平が特に面白かった。

  • 間に合わない、間に合う、逃れられない。

    近代から現代まで、間に合う人もどこまでも伸ばす人も、色々な人の「締切」を語る本。気が楽になるかもしれない。この人よりはマシ、と思うかもしれない。夏休みの宿題は、計画通りに物事を進める練習だという話もあるけれど、締切に悩まされたことのない人はいないはずだ。間に合う人も、間に合わない人も。

    相変わらず内田百閒先生が面白すぎた。村上春樹のエッセイも力が抜けていて好み。森博嗣の締切と原稿料に関する意見については、さすがだなと思った。外山滋比古の卒業論文の話に納得。樋口収の締切までの時間的距離間の論も興味深かった。小川洋子のイーヨーの話もよかった。米原万里の不自由の自由に力強く頷く。

  • 原稿締切について文豪達の嘆きや言い訳を集めた本。もっと独創的かと思ったが、意外にありきたりで面白くない。

  • 装丁や概要を見て面白そうと思って手に取ったが、なかなか理解しづらい文章もあり、一度挫折した。
    理解できないものは、理解しなくていいという気持ちで再度挑戦し読了。
    どんなに有名な作家でも、〆切に追われ、周りの環境が悪い等言い訳しているところが同じ人間なんだと感じて何だか嬉しかった。
    それとは逆に、〆切の数日前には原稿を仕上げている作家もいる。
    〆切を守ることは素晴らしいことであるのに、編集者がそれをやりがいがないと評するのはいかがなものか(今の時代にはないことだと思う)。

  • <学生選書コメント>
    定期試験・実習レポートの〆切にいつも追われるあなたへ。
    手塚治虫、星新一のような著名な書き手の〆切前の心情とは・・・。
    読み終えた後は、〆切の存在に感謝。

  • 〆切についてのエッセイ、日記、漫画、論文その他諸々を集めた本。有名な作家が〆切に悶え苦しんだかと思えば現実逃避のように妙な理屈をこねくりまわしたり、〆切を守る人がかえって小物扱いされることに憮然としていたり、じわじわおもしろい。
    ちなみに私が今までの人生で最も鮮明に覚えている〆切は、センター試験の英語の終了時間を30分早く勘違いしていた時です。秒単位でタイムリミットが迫ってくるあの感覚。追いつめられれば人間意外と何でもできる、という事を知ってしまった高3の冬。

  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00235646

全128件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

夏目漱石の作品

ツイートする