• Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281538

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大昔、筒井康隆の乱調文学大辞典で、締め切りに間に合わない言い訳として「梅干しも漬けずに頑張ったのだが…」と語った作家のエピソードに抱腹絶倒し未だに覚えているのですが、本書は大作家たちの書けぬ書けぬの大怨嗟大会です。生産性向上にムチが振るわれている昨今のリアル社会に対する、ある種のファンタジーとしてナイス企画!何も書かれていない原稿用紙に文字を書きつける創造物としての文学と工場や流通を巻き込む商品としての文学の側面がぶつかり合うのが締め切りというタイミング。そこで生ずる軋み音はまさに悲喜劇のメロディです。先日、ある編集者の方に「作家は狂人、読者は普通の人、編集者はその間で苦しむ」とのお話を伺ったことがありますが、その苦しみ、よく理解出来ました。巻末に向かうにつれ、締め切りこそが創造の源という指摘も増え、締め切りのクリエイティビティも感じさせてくれる本でした。最終ページにもニヤリ。

  • やっと借りられました。書くことを生業としている人に対して、憧れや尊敬を感じるのですが、つらいからこその輝きなのでしょうか?

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784865281538

  • 有名な文豪などの「書けない」ときの言い訳が延々とまとめられている本。あまりの見苦しさに、ちょっと読んだだけでもお腹いっぱいになる。教科書に載るような著名な作家の人間らしい一面が垣間見れる。それにしても編集者など、原稿をもらう立場の人達の苦労は計り知れない。

  • 〆切に関して書かれた、著名な作家たちの言い訳やらスタンスやら、てんこもりの本。
    ーを、図書館の返却期限に追われて読む私。

     この名立たる方々に親近感を覚えずにはいられないほど、私もギリギリマスターなので、所々可笑しくて仕方がなかった。
    凡人も天才も、〆切の前に同じ!
    中には〆切に一度も間に合わなかったこともないし、余裕を持って仕上げるという猛者もいらっしゃって、それはそれで説得力、破壊力、大。
    私もこんな風になりたい、と思わせられる。

     〆切が悪かと言えば、なければないでいつまで経っても出来ないし、集中力や生産性を高めるために必要であり、逆に時間がたくさんあればいい作品が生み出せるわけでもない。
    〆切なんて破ってこそという人もいれば、仕事の依頼が来なくなるのではないか、白紙で出版される恐怖、身体の具合が悪くなるほど書けなくなる等、〆切にまつわるエピソードは人それぞれで、中でもやはり、コントみたいな言い訳が面白かったりする。
    ネタバレしたくないので、誰がどうとか一切書かないので、是非読んでみてください。
    興味のある作家のところだけ、拾い読みするような読み方でも良いと思う。

     文筆家のエピソードが多かったけれど、数名漫画家(超有名)のものもあった。漫画家編も是非作ってください。

  • 文豪、編集者、漫画家達の、様々な立場・視点からの "締め切り" を題材とした短文集。 基本的に書下ろし原稿は無く、全て、"過去に蓄積された、締め切り関係の痛切な記録" が集められただけで、これだけ密な書籍が成立することに感心。
    2/3程度読んだところで、同様の視点・表現が別著者で重なったりすると少しダレるが、著者や編集者名にまで詳しい人ならば完全に飽きずに巻末まで読めるのだろう。
    最後のページに、谷崎潤一郎の悲痛な1文が載っているのも印象的。
    表紙が面白くて、その点も◯(マル)。

  • 読書スレで見かけて興味を惹かれて図書館で借りる。
    締め切りをきちんと守る人達のエピソードから感化を得たいと思ったのに、むしろ締め切りを過ぎてもどうにも執筆できずに苦悩する作家の姿に親近感を深めた。実は私も締め切りが迫って来ないとやる気が出ないタイプでなんとかしたいと思いつつ改まらなくて大作家先生方に共感を禁じ得なかった。
    逆に常に締め切り厳守だったり早めに原稿を渡すことが当たり前になっている作家に大して、なんとなく周囲が軽んじるというエピソードになんとなく寂しいものを感じてしまった。締め切りを過ぎてようやく手渡された原稿の方が傑作と珍重され作家も畏敬の念を込めて対応されるという事実に、なんだかやりきれないものを感じた。
    「勉強意図と締め切りまでの時間的距離感が勉強時間の予測に及ぼす影響(試験までまだ時間があると回答していた参加者では、試験に対するモチベーションが高まっていた人ほど実際よりも勉強すふと楽観的に予測する傾向が見られる)」も興味深かった。

  • 高校生のビブリオバトルで紹介されており、興味をもって読み始めました。
    が。
    エッセイ、というよりはだらだらとそれぞれの作家の言い訳であったり、文学論であったり、手紙であったりと、異なる文体が入れ代わり立ち代わり現れるので、読みにくい印象でした。
    また、自身の知識不足から、作家同士の人間関係をしっかりと理解できていなかったので、「笑い処」がはっきりとわからず、また作品を存じ上げない作家さんもいて、いまいち愉しむことができませんでした。

  • もー表紙から大笑いですよ!
    〆切にまつわる、様々な書き手達のエッセイや手紙を集めた一冊。
    〆切を守れない自分は何と酷い奴かと落ち込む者もあれば、〆切を迫って苦しめるような編集者は作家を殺すようなものだからそんな悪い奴の言うことなんか知るか!と開き直る者もあり。
    いずれ劣らぬ近代現代の文豪達だが、こんな一面があるのかと、親近感が湧く。
    逆に〆切絶対守る勢(少数らしいが存在する!)にもそれはそれで色々な葛藤があるらしく、〆切を破れないのがコンプレックスだったり、〆切破りなんかありえない!と憤ったり(某人気ミステリー作家です。いい怒りでした(笑))。
    笑って読んでいたが、社会心理学の一編にはドキリとした。
    覚えがあり過ぎる…!
    また、小川洋子さんには、まさかのこの本で泣かされました…。

  • 読了。一気読みはできなかった。90人以上の〆切に対する怨念の籠った本であった。宿題ができなくて、死にたくなってる高校2年8月31日の自分に贈りたい本である。

全128件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

夏目漱石の作品

ツイートする