源氏物語 A・ウェイリー版1

著者 : 紫式部
制作 : アーサー ウェイリー  毬矢 まりえ  森山 恵 
  • 左右社 (2017年12月22日発売)
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281637

作品紹介・あらすじ

このヴィクトリアン・GENJIを読むまで
私は源氏物語を理解していなかった!
このまま漫画にしてみたい!
竹宮惠子


光り輝く美貌の皇子シャイニング・プリンス、ゲンジ。

日本の誇る古典のなかの古典、源氏物語が英訳され、ふたたび現代語に訳し戻されたとき、
男も女も夢中にさせる壮大なストーリーのすべてのキャラクターが輝きだした!

胸を焦がす恋の喜び、愛ゆえの嫉妬、策謀渦巻く結婚、運命の無常。
1000年のときを超えて通用する生き生きとした人物描写と、巧みなストーリーテリング。
源氏物語のエッセンスをダイレクトに伝える、こころを揺さぶられる決定版!
こんなにも笑えて泣けて、感動する物語だった!


この歴史的な名訳を世に送り出したのは、天才アーサー・ウェイリーでした。
大英博物館に勤務しながら独学でマスターした日本語で、彼はこの傑作を手がけました。
刊行されるや「黄金時代の日本から来た最高の文学作品」と大絶賛され、本書は一躍ベストセラーに。
紫式部は、中世日本の生んだプルーストと呼ばれ、はてはシェイクスピアまでを引き合いに評されました。
スペイン語やイタリア語版の底本となったばかりではありませんでした。
アメリカでも評判となったこの本との出会いが、ドナルド・キーンさんの生涯を決めたといいます。
原文を何度も読んで頭に入れ、一気に訳文を書き下ろす。
ウェイリー流のスタイルで、ときには大胆に省略し、ときには解釈にも踏み込んだ訳文。
その生き生きとした文章の魅力は、とりわけ会話文に表われます。
プリンス・ゲンジの艶やかなキャラクターを立ち上がらせ、
プリンセスやレディたちの恋のときめきも、嫉妬の苦しみも描ききる。
あまたの読者を源氏物語の世界に惹き込んだ傑作です。

第1巻ではプリンス・ゲンジの誕生(「桐壺」)から、
ひととき彼の運命に翳りがさす物語の山場「須磨」「明石」までを収めます(全4巻)。
和歌表記監修:藤井貞和

源氏物語 A・ウェイリー版1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 蜂飼耳さんに「ウェイリー版源氏物語」を書評していただいています | 左右社
    http://sayusha.com/news/review/p201802151152

    左右社のPR
    このヴィクトリアン・GENJIを読むまで
    私は源氏物語を理解していなかった!
    このまま漫画にしてみたい!(竹宮惠子)

    光り輝く美貌の皇子シャイニング・プリンス、ゲンジ。

    日本の誇る古典のなかの古典、源氏物語が英訳され、ふたたび現代語に訳し戻されたとき、
    男も女も夢中にさせる壮大なストーリーのすべてのキャラクターが輝きだした!

    胸を焦がす恋の喜び、愛ゆえの嫉妬、策謀渦巻く結婚、運命の無常。
    1000年のときを超えて通用する生き生きとした人物描写と、巧みなストーリーテリング。
    源氏物語のエッセンスをダイレクトに伝える、こころを揺さぶられる決定版!
    こんなにも笑えて泣けて、感動する物語だった!
    http://sayusha.com/catalog/p9784865281637

全1件中 1 - 1件を表示

紫式部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

源氏物語 A・ウェイリー版1はこんな本です

ツイートする