〆切仕事術

著者 :
  • 左右社
3.31
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865281644

作品紹介・あらすじ

早くそれを終わらせて前へ進もうぜ。〆切守り率100%のメソッド大公開!

23年間一度も〆切に遅れたことがない、人気ブックライターのメソッドとは?

トヨタの強さのひとつは“〆切”にある
「仮の〆切」と「本当の〆切」どちらを伝えればいい?
「時間をかければ」のまやかし
〆切が「イノベーション」を生む
「仕事が手に付かない」ときの乗り越え方
〆切を守ってもらうための三原則

仕事の進め方から人生の変え方まで。“〆切”を武器にしてステップアップ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 〆切がストレスになっていないか?
    本1冊書く場合 原稿用紙300枚 12万字 月に1冊
    温泉が好き 温泉旅行
    〆切とうまく付き合う、味方に付ける

    〆切効果 東京オリンピックの新幹線開通 生産性向上
    日本企業の強さ
    文章の完成度→好み次第 〆切→守るだけで良い 守れなかったらチャンスを失う

    リクルート時代 大量の仕事をこなす訓練→仕事のリズム化

    最大のストレスは状況のぼんやり→やるべきことを洗い出す→△デッドを理解する、〇何をするかを理解する。
    仕事を細分化→本づくりの場合①取材準備②取材スクリプト読み③構成④執筆メモづくり⑤執筆⑥推敲

    デスクワークの仕事はなぜスケジュール化しないのか?→細かく設定すべし 時間割
    ToDo化しておく
    人間は注意力が散漫化する→野生動物に食べられないように!昔の生きる本能のなごり
    仕事見積もり作成
    ダラダラやらない→1時間単位 次のコマへ 経験を蓄積していく
    いきなり完成を目指さないから早くできる→時間を置いて推敲して冷ます。
    メールで粗々→☆送るメールの雛型を下書きへ
    得意・苦手な時間帯にやること→☆スケジュール化に要検討
    アイディア→iPhoneのメールの下書き
    作業的な仕事は定期的に時間を固定(請求書づくり、経費精算…)→ルーチンの時間割をつくっておく
    →忘れないように必ずメモ・脳に負担をかけない

    あらかじめオフの時間もスケジュール化 ×いざとなったら土日にやる→仕事をプロセスに分解していない証拠
    「暇になったらやる」→×
    ○毎年のハワイ旅行・温泉旅行のスケジュール化

    プロセスごとに達成感・モチベーションアップ

    追われることがイヤ→しっかり自覚→〆切を追いかける
    最終的に出てくるアウトプットが勝負 アウトプットに自信がないようで仕事を引き受けない☆役所では無理!
    仕事の選択基準はスケジュール☆フリーの作家の場合

    時間割のバッファ 突発的な事態変更 空いた時間があれば考えごとの時間

    仕事の出し戻し→信頼喪失
    目的を確認する→アウトプットのイメージを共通

    取材時のメモと録音の組み合わせ→大事なポイント・時間の節約
    膨大な資料は付箋で管理→章ごとに付箋 目次と照らし合わせたキーワード→「あの話はどこだったか?」→探さなくても検索できる方法

    リスク管理 体調管理 徹夜しない→危険信号を察知する訓練→☆体調管理・贅肉なしのほうが疲れにくい→目標体重をセット(30年5月末62kg台、6月末59kg台)

    〆切を守るための生活習慣→睡眠時間確保 食生活と軽い運動→筋肉、デスクで原稿を書く際も疲れにくい
    お菓子、ゲーム、スマホ→無理に我慢しない。ただし10分だけ
    したいけどできない状態→人間が嫌いな時間
    時間がない本好き、定年後に目一杯読もう→定年になったら読む気が起きない→時間が有り余ればやる気が起こらない

    ノルマ 爽やかな気持ちでビールが飲めるか?その場の快楽よりも後の達成感

    文章はかくあるべしの呪縛→喋ることと同じ、何を伝えるかが重要

    〆切遅れは人の時間を奪っている→☆〇〇研へメールを送っていない・自分の口頭説明を逃れるための口実
    〆切遅れによる後工程へのしわ寄せは、質の低い仕事や事故物件を生む遠因になる。

    時間をかければ→まやかし もっと早くから粘るべき 注)〆切前に出されることを嫌う人がいることを覚えておくこと
    〆切遅れは究極にカッコ悪い

    〆切を守らない人とは付き合わない 完成度を高める人→仕事の価値観が違う人もいる。

    〆切は自分でコントロールする意識を持つ→人にコントロールされる仕事人生ではない
    〆切にルーズ→人生もルーズになる
    自分を変えようと考えるなら、日常から変える。
    1日に何をやったか手帳に書いておく→今を検証しなければ改善できない・したことを書くスケジュール法

    〆切を自分で決めていくのが人生 人生の〆切を自分で設定

  • 文章の〆切を例にした仕事術の本。「俺は出版業界ではないので関係ない」と思ってしまう人には役に立たないが、自分の仕事にひきつけられる人にはとても参考になる。〆切がない仕事はないからだ。
    多くのノウハウも載っているが、それ以上に、〆切をポジティブなものととらえて味方につけていく考え方がこの本の真髄だと思う。
    私は改心してからのここ10年、〆切に遅れて大きな迷惑をかけたことはないはずだ。しかし特に最近は〆切に追い立てられているように感じることが多かった。もっとプラスにとらえて、〆切を仕事に活かしていきたい。

  • 月に1冊本を書く方の仕事術・時間管理術の本。

    全ての人にあう訳ではないが、1時間ごとの予定を組むなどの具体的な方法で著者が実践していることがわかった。

    徹底的なプロセス管理(時間・内容)が重要であると思う。
    人生のための〆切も含めて、参考になった。

  • 時間を区切ってその時間に必ず終わらせる。
    他のことをしたいときは時間を区切って他のことをする。

  • 理念的で、具体的でなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がける。著書に、累計40万部を超えるベストセラーインタビュー集『プロ論。』(徳間書店)はじめ、近著『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)、『JALの心づかい――グランドスタッフが実践する究極のサービス』(河出書房新社)、『社長の「まわり」の仕事術』(インプレス)など多数がある。人気ブックライターとして数々の書籍に携わる、企画&執筆の達人。

「2018年 『企画書は10分で書きなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

〆切仕事術のその他の作品

〆切仕事術 Kindle版 〆切仕事術 上阪徹

上阪徹の作品

ツイートする