本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865282719

作品紹介・あらすじ

これを読めば、日本で今「語るべきこと」がわかるーー
哲学、政治学、社会学、文学、芸術など、
最先端で活躍する講師陣による、超豪華講義録最新版!
働き方、ジェンダー問題、デジタル社会……混沌の時代に生きる私たちは、どこを目指すべきなのか?
過去に学び、現在地から明るい未来を描くための、思考レッスン21講。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桐光学園といえば、成田空港行リムジンバスで一緒になったことがあります。
    カナダに修学旅行に行く高校生でした。

    また、高校野球を見に一度だけ訪れたことがあります。
    専用の野球場があって、選手の体格が良くて
    「食べるものがちがうんだろうなぁ」と思ったものです。

    そして桐光学園では毎年「大学訪問授業」という企画で、さまざまな分野で顕著な活躍をされている先生方をお呼びして中一から高三までの希望の生徒に講義をしていただいています。
    この本は昨年一年間に行われた講義をまとめたものです。

    どうして私がこの本を手に取ったかというと、出口治明さんの新刊がでるとメールがくるように設定しているからです。
    出口さんの本はこれで30冊ですから、たいてい聞いたことある話なんですが、生徒さんとの質疑応答もあり、新鮮な気持ちで読めました。

    また私にとって出口さん以外の20人の多くが初めて出会うかたがた。
    出口さんという入口がなければ一生関われなかった先生たちの貴重な話を聞くのは大変面白かったです。

    調べてみたらこの春、桐光学園からAPUを受けて合格した男子が3人。
    近くに良い大学がたくさんあるのに、わざわざ九州に!
    出口さんの講義が効果あったのでしょうね。
    私も住みたい、別府。

  • 【内容紹介】
    これを読めば、日本で今「語るべきこと」がわかるーー哲学、政治学、社会学、文学、芸術など、最先端で活躍する講師陣による、超豪華講義録最新版!働き方、ジェンダー問題、デジタル社会……混沌の時代に生きる私たちは、どこを目指すべきなのか?過去に学び、現在地から明るい未来を描くための、思考レッスン21講。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    神奈川県川崎市にある桐光学園中学・高校では、さまざまな分野で活躍している方々を定期的に招いて、生徒に向けた講演を行なっているそうです。この本は、その講演の内容をまとめたシリーズのうちの一冊で、これからを生きる若者の視野を広げる良本だと思いました。

    中高生には少し難しい内容なのかなと思う講演も多々ありました。自分がもし中高生だったら、途中で寝てると思います。しかし、大人になった自分としては、非常に興味深い話が多かったですし、もっと若いときにこういう機会に出会っていれば…と残念に思いました。

    思うに、これらの講演は、内容そのものが重要なのではなく、「知らなかった世界に興味を持つキッカケ作り」と「一分野を深く追究することの楽しさ」を、多感な中高生に1%でも感じてもらうことが目的であり本質なのではないかと思います。どのような分野においても、第一線で活躍している人は自分がやっていることに強い情熱と誇りを持っており、そういう人が語る話は例え興味がない内容でも「何か面白そう」と思わせてくれる魅力があります。中高生だと、自力でこのような機会に触れられることは滅多にありません。良い取り組みをしている学校だなと思いました。

    そして何より大切だと感じたのは、さまざまな分野の話に触れることで「未来は無限に広がっている」と思わせてくれること。自分自身が公務員に近い仕事をしているくせにアレですが、自分の子どもには、小さいうちから「将来の夢は公務員」なんて絶対に言って欲しくないです(あ、公務員の仕事自体を否定する意図はありません。子どもが最初から目指す夢としてはナシかなと思っているだけ)。きっともっと夢中になれることがあるはずだから、それを可能な限り探して気が済むまで続けてみてほしいと思います。

  • 論点というタイトルなのでグラフやデータなのかと思いきや、それぞれの方のストーリーで、久しぶりに校長講話を聞いているようで面白かった。特に質問に対してハッとする回答が多く、ニッチな分野でも何か突き詰めている人は、世の中の真理も理解できるようになると感じた。最後の秘密の話が特に面白かった。

  • 中1から高3生を目の前に、熱く語られた講演録。

    自分を探したくなる年齢の人たちが、自分を確立している人から話が聞けるのは、いいなぁと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

出口 治明(でぐち・はるあき):立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部卒。日本生命入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画(株)を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命株式会社に変更。2012年上場。2018年より現職。著書に『全世界史(上・下)』(新潮文庫)、『0から学ぶ「日本史」講義』シリーズ(文春文庫)、『歴史を活かす力』『日本の伸びしろ』(文春新書)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)、『一気読み世界史』(日経BP)、『ぼくは古典を読み続ける』(光文社)等多数。

「2023年 『人類5000年史Ⅴ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出口治明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
宇佐見りん
ヴィクトール・E...
ミヒャエル・エン...
瀧本 哲史
砥上 裕將
恩田 陸
リンダ グラット...
米澤 穂信
アンデシュ・ハン...
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×