標準時

  • 左右社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865283747

作品紹介・あらすじ

寡作でありながら作品を発表するたび強い印象を残し、新世代の歌人として最注目の著者、待望の第一歌集。2011年短歌研究新人賞最終候補作となった表題作、書き下ろし作品を含む235首を収録。

目の前の日常から、ここではない日常に。
わたしたちが日々のなかで思い、交わし、つぶやく、なにげない言葉のすべてが詩になる――ドミニク・チェン


起動したばかりの画面。デフォルトの状態。テストパターン。本当は何も書きたくないのに、〈私〉がやってきて、指がクリックする。スイッチがONになる。0が1になる。オブジェクトが生まれる。大袈裟だと思う。短歌を詠むだなんて。(著者あとがきより)



〈収録作品より〉
真夜中にアナウンサーが喋るからそれを流して過ごす真夜中

僕たちの恋の終わりや始まりのまさにその瞬間にCM

バスタオルきれいにたたむ 空港に住所があるのを認められない

AならばBでありかつBならばAであるとき あれは彗星?

問い合わせが殺到したという曲を僕だって何回も聞いていた

2.で「はい」と答えた方にお聞きします。いいえと答えたのでとばします

Googleのロゴで初めて名前を知った科学者だがその業績は素晴らしい

晩年は神秘主義へと陥った僕のほうから伝えておくね

クリスマス・ソングが好きだ クリスマス・ソングが好きだというのは嘘だ

本当に大事なものはいつだって名前 それが二つある犬

本日の放送は終了しました。私はまだ、考え事をしています

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 油彩画の画面の中に梨がある これ以上言うことができない




    今っぽい 普通のことが今っぽい 誰もいない公園の入口




    クリスマス・ソングが好きだ クリスマス・ソングが好きだというのは嘘だ




    もう死んでしまった鳩が横たわり肯定的に描かれている





    複数のことが同時に起きている 水田沿いに走る県道






    日常から特別なことをとかじゃなく、普通のことをそのまま普通のこととして俯瞰的に見つめる。
    それがすごく現代風だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

佐クマサトシ (サクマ・サトシ)
1991年宮城県仙台市生まれ。2010年、早稲田大学入学とともに早稲田短歌会に入会、作歌を始める。大学在学中に同人誌「はならび」に参加。2018年に平英之、N/W(永井亘)とともにWebサイト「TOM」を開設、2020年まで短歌作品を発表する。

「2023年 『標準時』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐クマサトシの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×