叶恭子の心の格言 あなたの心にファビュラスな魔法を

著者 :
  • ポニーキャニオン
4.60
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865293081

作品紹介・あらすじ

今TwitterやインスタグラムなどのSNSで、多くの方々に反響、共鳴を引き起こしている叶恭子の日々の言葉、つぶやき。
叶恭子が自身の哲学をブログ上で公開し、心がふと軽くなると多くの女性から共感を得ています。
ありのままに自分らしく生きている叶恭子だからこそ生まれる、人生をポジティブに生きる為の彼女から生まれるかけがえのない言葉の数々をまとめ、神々しいまでに説得力と存在感ある本人の美しい写真と共に綴るポジティブマインドになるための格言が詰まった1冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 叶姉妹の人生相談が「人を傷つけない」ワケ――ポスト瀬戸内寂聴としての腕前(2022/07/21 21:00)|サイゾーウーマン
    https://www.cyzowoman.com/2022/07/post_395903_1.html

    【叶恭子著 叶恭子の心の格言 あなたの心にファビュラスな魔法を 2020年1月23日発売決定!】 | PONYCANYON NEWS(2019/12/9)
    https://news.ponycanyon.co.jp/2019/12/35840

    ~叶恭子の心の格言~ あなたの心にファビュラスな魔法を|ポニーキャニオン
    https://ps.ponycanyon.co.jp/kanosisters/book2020-xmas/

  • 経験
     誰かがあなたにアドバイスをしても、最終的に決めるのは「自分」です
     「人からこう言われたから、こうやった」と自分が判断をしたと認めないと、どんなに長生きしても
     あなたの人生から「経験」そのものが欠落することになるでしょう

    すごく胸に刺さりました。
    「こう言われたから」「あの人が勧めるから〇〇した」と、今まで自分の意思で決めることが少なかったです。
    その方が楽だし、責任を持たなくてもいいとどこかで考えていました。
    そんな考えを持っているから、責任転換をしてしまう大人になってしまいました。

    社会人になってもそんな考えのままだったので、やっていけなくなったんだろうなと感じています。
    今は子育てをしているので、子どもには「自分で決断」する経験をたくさん提供したいです。
    そして、多少の失敗はOK!と寛容になりたいです。

  • 「相手は、自分とちがう他人である」この言葉が心に響いた。 自分と同じと思うから、いじめや虐待が起きるのではないだろうか。

  • LINEに載せていらっしゃる、お言葉にけっこう救われたりするから、買ってみた。アドラー心理学に似た世界観をお持ちだと思った。読むと勇気が出る。

全6件中 1 - 6件を表示

叶恭子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ミヒャエル・エン...
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×