ふたごのたこたこウィンナー

著者 :
制作 : 西村 敏雄 
  • ひさかたチャイルド
3.79
  • (10)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865490022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • >双子のたこウィンナーが、お箸をすり抜けて、お皿の上からとこたこ逃げ出しました。
    たこウィンナーは、見つからないようにトマトの中に紛れたり、チューリップ模様のハンカチの上でじっとしてたり、お父さんの胸ポケットのペンの横に並んだり…。
    どこにいるか、わかるかな? 
    どこ、たこ?? 
    そして、たこウィンナーが箸の上を端から端まで走って、逃げ込んだところは…。

    2.3歳~
    逃げ出したたこさんウインナーがあちこちに隠れているのを探すのが楽しい。
    でも、最後に落ち着いた場所が・・・(笑)
    とこたこ、どこ、たこ?など言葉のリズムもいい感じ。
    『きんぎょがにげた』にも通じる面白さでした。

  • ふたごのたこたこウインナー
    たまごやきまくらでおねんねしましょ
    うさぎりんごも一緒にね

    いただき物の絵本。娘は1歳前くらいに興味を持ち始めました。
    テンポがよく、早口言葉みたいな言い回しでついつい読んでしまいます。
    娘よりも私が気に入ってしまって、何度も読むうちにすっかり覚えてしまいました。

  • 探し絵になってるんだね、かわいい(´౪`)
    西村敏雄さんの絵に癒されます♪

  •  たこウインナー探しの楽しい絵本。西村さんのたこさんがあまりにも可愛くて、おはなしがダメでも絶対買うぞ! と購入したけど、ストーリーラインも可愛らしくて面白かったので、大満足です。

  • 愉快。
    最後の引きの絵も○。

    「ほぅ、そこに隠れるか・・・」
    というところと、
    「そんなところじゃバレバレ・・・」
    というところに隠れたり隠れてなかったり(笑)。

    タコさんウィンナー。
    やっぱりいいよね。弁当のおかずのスタンダード。
    ISOに“弁当”があったら入るね、きっと(笑)。

  • お皿の上で卵焼きを枕に眠っているたこウィンナーの兄弟。
    食べられるのは嫌だとつまみに来るお箸から逃げ出す。
    りんごやトマトなど赤い実の入ったボールに逃げ込むけれど、お箸が追ってくる。
    今度は、花柄のランチマットの上に逃げ込む。
    たこウィンナーの形は花の模様と似ているので一見花に見える。
    その次はお父さんのネクタイの柄に逃げ込む。
    まだまだ追ってくるお箸。
    そこで、黄色い蓋つきのものの中に隠れる。
    ところが、そこは卵焼きが枕になるお弁当箱の中だったのだった。

    逃げたつもりがお弁当箱行き。
    お弁当の具が自分でお弁当箱に入ってくれたという結末に。
    最後にたこウィンナーが逃げ回っていた朝の食卓全体が映って今までの話のネタばらしになっているのがいい。

    赤いたこウィンナー。
    食べたことないけれど、想像の中でもお弁当の定番。

  • こんなお弁当つくって!とリクエストされる☺

  • お箸をかいくぐり、逃走を続けるたこたこウィンナー。
    かくれんぼが上手いので、近くでゆっくり眺めたい。

  • リズムがいい♪

  • 逃げ切れるか!!双子のたこたこウインナー!!

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人、絵本作家。山口県生まれ。自作の詩を自身の朗読で競い合う第4回「詩のボクシング」全国大会で優勝し、その後、子どもの歌の作詞や児童書の執筆に携わるようになる。主な作品に、詩集『植星鉢』(土曜美術社)、絵本『おちゃわんかぞく』(いぬんこ/絵 白泉社)、『あかり』(岡田千晶/絵 光村教育図書)、『ふたごのたこたこウインナー』(西村敏雄/絵 ひさかたチャイルド)、『はやくちまちしょうてんがい はやくちはやあるきたいかい』(内田かずひろ/絵 偕成社)など多数。絵本の翻訳に『いたずらえほんがたべちゃった!』(リチャード・バーン/作 ブロンズ新社)などがある。

「2018年 『いたずらえほんがなんかへん!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林木林の作品

ツイートする